2010年07月11日

濃厚な白ワイン好きに・・・『AMANI Kamili 2008』

遂に、ワールドカップも終了しましたね。

私的には、たこのパウル君の的中率には驚きでした!
ぜひ、私の未来も占っていただきたい・・・ぴかぴか(新しい)

これからの南アフリカの様々な面での成長に、きっと今回の大会の成功が役に立つことでしょう。是非、期待してます!!
(うちの投信のためにも、宜しくお願いいたします・・・バッド(下向き矢印)

さて、本題。
以前、私達の
試飲会でも大人気だった『AMANI』

スワヒリ語で平和を意味するこのワイナリーは黒人女性がオーナーをつとめています。
デリケートで、しなやかな味わいを得意としています。

今回はバイヤーの三宅さん絶賛の白ワインをいただきます。

『AMANI Kamili 2008』
DSCN3303.JPG

シャルドネ60%、ヴィオニエ40%のバランスです。

色合いは黄みの強いレモンイエロー。黄色に近い感じです。
DSCN3310.JPG

香りはとにかくボリューミー。
まず、トロピカルフルーツ、乳酸やヨーグルトなどのニュアンスが鼻に入っていきます。

ん・・・ ちょっと苦手かも・・・

その中にレモンやライムなどの柑橘系、少し苦味のような香りも取れます。


口に含むと、あれ?
意外や意外exclamation&question果実味はしっかりしていますが、それよりも、キレを強く感じます。
おやおや、意外にスッキリですね。
余韻は長く、コクもあります。
ボディもしっかりしているので、お刺身などの生の魚やシーフードよりも、豚肉や鶏肉のグリルなどのほうが合いそうです。

とてもとても、しっかりとした白ワインがお好きな方にはとってもヒットな一品だと思いますぴかぴか(新しい)

が、しかし、私は、ロワールなどのサッパリ系が好みなので、スパークリング⇒サッパリ系の白⇒その後、グラスで3杯目くらいがいいかなと。

まもなく、葡萄屋にもアップの予定ですので、どうぞお楽しみにるんるん


フンギペーストのサラダと良く合いましたよ。
生クリームのクリーミーさとマッチしました。
DSCN3312.JPG


世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ



2010年05月14日

おぉ〜〜旨いぞ!!『Domaine LANSARINE 2006』

今日はハンバーグmail to黒ハート

野菜たっぷりのハンバーグにはやっぱり赤ワインでしょう!
以前、サンプルにいただいていたチュニジアの赤ワインが飲む機会を逸して、眠っておりました。

こりゃぁ、今しかないでしょう!
DSCN2891.JPG

『Domaine LANSARINE 2006』
葡萄屋でも人気のチュニジアワインぴかぴか(新しい)

私の愛してやまないカリタージュ・メルローなど、おいしくて安いワインが多いのが特徴です。

さて、このこはいかがでしょうか・・・

DSCN2889.JPG

色合いはややレンガ色がかっています。薄いガーネット。やや熟成感が見られます。

香りのボリューム感はありませんが、ドライプラムやドライイチヂクなど、ぎゅっとつまった甘い香りがします。木やスミレなどのニュアンスもあります。

口に含んだ瞬間
「あ・・・おいしいグッド(上向き矢印)
なんというか、こなれた味わいです。
タンニンはしっかりしていますが、溶け込んでいて、滑らかな舌触りです。香り同様ドライイチヂクのような凝縮した果実感がナンとも心地いい。

パワーのある肉料理より、塩コショウでシンプルに焼いた豚や鶏に合いそうです。マグロのステーキなんかにもイケそうです。

いやいや、何とも私好みの旨さです。
どうでしょう?
入荷しますかなぁ?(←独り言です・・・)



世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ



2010年01月13日

初チュニジアワイン続き・・・

今日は昨日いただいたワイナリーの白ワインをいただきます。

【DIDONA GRAND CRU 2006】
DSCN1689.JPG

このワインは国際コンクールの賞を受賞しています。

美しい黄色をしています。
濃い目の色合いです。

香りは色合いからも見て取れるように、トロピカルな印象です。
ライムやレモンの柑橘系の香りとミネラル感。
そして何といっても、パパイヤ!!
パパイヤ独特の甘さとほんの少しの苦味のある香りが漂います。

口に含むと・・・
ん?
果実味が感じられず、水っぽささえ感じます。
これは・・・・バッド(下向き矢印)

もしかして、温度が悪いかぁ??

ってことで、温度をやや高め(10度くらい?)にしてみます。

すると、樽感のあるトロピカルな感じが出てきます。
ナッツのような香ばしい香りも出てきました。

ワインって、やっぱり温度が大切なんですね・・・
PIROM以来の反省。
身にしみましたもうやだ〜(悲しい顔)


もう1本
【Jour et Nuit Vin Blanc 2007】
DSCN1688.JPG

こちらは、よ〜〜く冷やしたほうがおいしいです。

色合いは薄く緑がかったレモンイエロー
ミネラルやレモンなどの柑橘系が中心です。
黄色いリンゴのような甘い香りもあり、グラスをまわすとボリューム感が出てきます。

口に含むと、グレープフルーツのような果実味とほんの少しの苦味が感じられます。
酸はシャープですが、酸味の苦手な方にもキツクナイ程度です。
果実身のボリューム感と余韻の長さが特徴です。

私はどちらかというと、こちらのほうが好きです。


さぁ、このワインが日本で販売できるかどうかは、輸入業者さんが決まるかどうかにかかります。

どうなりますかな〜〜〜ぴかぴか(新しい)


世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
posted by maymei at 23:57| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカのワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

日本未入荷のチュニジアワイン【DIDONA Vin Rouge 2006】と<<おもちのチヂミ風>>

先日、私たちのお店に一件のお問い合わせがありました。

チュニジアにお住まいのある方の義父が作っているワインを取り扱ってくれないかとのことでした。
その方にサンプルをいただいたので、早速飲んでみることにします黒ハート

まだ日本で売られていないワインを飲めるなんて・・・るんるん
まさに役得です。

さぁ、いってみよ〜〜〜


【DIDONA Vin Rouge 2006】
DSCN1685.JPG


軽く青みがかった濃い目のルビー色です。
しっかりした感じがします。

香りは閉じた印象です。
インク、フレッシュな黒いベリー。
スミレやハーブなどの香りが漂います。ボリューム感はあまりありません。

口に含むと、タンニンを強く感じます。
酸味もほどよくありますが、フルーティな感じがありません。
香りのフレッシュなイメージとはあまりあいません。

タンニンが強いせいか時間が経つにつれて、味がこなれてきます。
少し飲むのには早いのかなぁ・・・

バランスの悪さが少し気になりますが、悪くはないかな・・・


意外に合ったのが、このもちのリサイクル。
草なかんじがあるからかなぁ・・・

鏡餅からの再利用なので、正確なもちの量がわかりません。
ごめんなさい

<<おもちのチヂミ風>>
DSCN1680.JPG
<材料>
おもち 適量(切り餅だと5〜6個) ピザ用チーズ 適量
キムチ 適量   にら 1/2把   ごま油 適量
<作り方>
1切り餅は2cm角くらいに切り分ける。にらは3〜4cmの長さに切る
2フライパンを中火で温め、ごま油をやや多めにひく。もちを入れ、転がしながら焼いていく。柔らかくなってきたら、へらなどで押し付けながら焼き、平らにしていく。
32にキムチ、もち、チーズをのせ、いい感じに下のもちに焦げ目が付いたら、引っくり返し、へらで押し付ける。ぱりっと焼けたら出来上がり。

いつもに輪をかけて、テキトーなレシピですいませんふらふら
でも、もちの処理に困っている方にはいいですよ〜〜

是非、お試しをるんるん


世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
posted by maymei at 23:59| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカのワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

やってきました!私のお気に入り(^^)vチュニジア・カリータージュ・メルロー

以前のFOODEXの時、いつもお世話になっている業者の方からサンプルに頂いたこのワイン。

一口飲んだ瞬間から、うま〜〜〜〜い黒ハート黒ハートと私の心をハートで満たしてくれましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

何度飲んでも、間違いない美味しさ!
しかも超お買い得価格・・・
皆様にも是非是非、お試しいただきたいexclamation×2exclamation×2

『Carthage Merlot 2008』
DSCN0659.JPG

縁は薄くピンクがかっており、中心に近づくにつれてやや黒味が増していきます。

グラスに注ぐと、イチゴジャムや赤いベリーの香りが漂います。グラスに注いでしばらく経つと、干したフルーツや黒いベリーのニュアンスも出てきます。
グラスをまわすと、シナモンなどのスパイスや木の香りもしてきます。
全体的には甘いフルーティな感じが中心です。

口にすると、あ〜〜〜おいしい〜〜〜ハートたち(複数ハート)
じゃなくて・・・
口にすると豊かな酸味と共に、しっかりしたタンニンが残ります。飲んでいくうちに、味がどんどん変わっていきます。
熟成したら、こうなるんだろうな〜〜と思い浮かぶような果実味がたまりません。

あ〜おいしい〜〜〜
(しつこい???たらーっ(汗)
DSCN0676.JPG


世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
posted by maymei at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカのワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

キマシタよ〜〜〜 さっちゃん好みの旨い白発見!!

最近、けっこう外れもうやだ〜(悲しい顔)が多かった白ワイン
新しい国のワインはなかなか難しいものです・・・バッド(下向き矢印)

それが、それが、今日のワインはきましたよ〜〜〜〜
ラベルも洗練されてて、味わいもこれまたピカイチ!!!
まさに私好みのイケテル奴黒ハート

今日はいつも以上にはりきっていきますよ〜〜〜ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

『Kurubis Saltane blanc 2007』
DSCN0453-1.jpg

クルビス社はチュニジアでも優れたワインを生み出すことで『葡萄屋』では特に大人気で、国際的にも金賞をいくつも受賞している優秀スパークリングK-de Krubisが知られています。

ブドウそのものの味わいはもちろん、ブレンドが上手いのが特徴です。
かなり楽しみです。

色合いは輝き透明感のある濃い目のレモンイエロー。艶があります。

香りは、黄色い熟れたリンゴや洋ナシなど非常に熟したフルーツのイメージです。
蜂蜜や黄色い大きな花など、マスカット由来のものと思われる香りがまず、鼻に香ってきます。
グラスを回すと、ミネラル、ミントなどのハーブなど、スッキリ感のある香りも漂います。

う〜〜〜ん、期待大黒ハート

口に含んだ瞬間、口の両端に丸みのあるふくよかな果実味が広がります。蜜のような、桃のような、そんな感じでです。
それが、喉に達するころにはキュッと口をしめる酸味がやってきます。
余韻も長く、奥行きのある味わいが特徴です。

飲んでいくうちに、頭の中に妄想が広がります・・・ぴかぴか(新しい)
全粒粉の固めのパン、いちぢくや胡桃が入っているのありますよね〜
あれに、ブリーやカマンベールをのっけて、蜂蜜をタラリ揺れるハート

きゃ〜〜〜〜〜おいしそ〜〜〜わーい(嬉しい顔)

あと、ゴルゴンゾーラを生クリームで伸ばしたペンネや、洋ナシと一緒に焼いたピザなんかもいいしるんるん

たまりませんなぁグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

こうやって、料理が頭に浮かぶワインはいいワインです。
間違いない!!

DSCN0516.JPG
今日のメインはたけのこご飯
DSCN0521.JPG
この季節には毎年たけのこを茹でます。
自分で茹でたたけのこは格別です!

おいしかった〜〜〜

世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2009年03月08日

チュニジアのメルロー

先日のFoodexでダーリンがサンプルにいただいたチュニジアのワイン

DSCN0172.JPG

これは、まだ日本入荷未決定らしいのですが・・・
このメルロー!!
ちょ〜〜〜〜私好み黒ハート

皆さんにも是非、お勧めしたい!!
早く入荷が決定しますように・・・ぴかぴか(新しい)


世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2009年02月28日

新しいチュニジアのワイン

葡萄屋で大人気のチュニジアワイン

長いこと品切れの続いている商品もあるほど!
その魅力は価格と味わいの豊かさ!

今、葡萄屋には3段階のチュニジアの赤ワインがあります。
実はもう一段階、上から二番目のワインがあったらしいのです!

輸入業者さんが今回初めて輸入されたということで、早速、味見をさせていただくことに・・・
楽しみですハートたち(複数ハート)

『Domaine LANSARINE 1er cru Coteaux de Tebourba 2005』
ランザリーヌ.JPG

色合いはややオレンジがかった薄めのガーネット

香りは干したいちぢくやなつめ、黒スグリのコンポートなど乾いた甘い香りがします。シナモンやクローブなどのスパイスの香りも混じっています。アルコール感が目に染みます。

口当たりは非常に柔らかで、イチゴのような香りがふっと鼻に抜けていきます。その後を追って、しっかりとしたタンニンと酸味が追いかけてきます。

アルコールが強いわりには、雰囲気がやさしい・・・
そんな味わいのワインです。

名前もステキですね。
でも、、、、、
私的にはモルナグのほうが好きかなぁ・・・
ま、あくまで個人的な意見ですが。


今日は天気が悪くて、買い物に行けなかったので、うちにあるもので頑張りました。
227全体.JPG

豪華に見えるパエリア、冷凍庫で眠ってた残り物のビーフシチュー、だしを取ればほとんど調理が終わったようなものの高野豆腐などなど

ビーフシチューに茹でたペンネを混ぜ、塩ゆでした野菜を加えて焼いただけの簡単グラタン!
DSCN0013.JPG
ワインにも良く合いましたよ!




世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
posted by maymei at 22:24| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカのワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

ブラジルのカベルネ・ソービニヨン

知ってました?

ブラジルでもワイン作ってるんですよ〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

私は知りませんでした。
だって、ブラジルっていうとアマゾンでしょ?リオのカーニバルでしょ?
ワインのイメージって全くなくないですか??

まぁ、高地もあるでしょう。
涼しいところもあるでしょう。

でも、人の先入観やイメージってなかなか壊せないからね〜〜たらーっ(汗)

で、本題
『AURORA varietal Cabernet Sauvignon 2005』
brazil.JPG

色合いは中心が濃く黒に近いガーネット。

はじめ、鼻に近づけるとスモーキーな感じがします。
グラスを回すと、ほわっとスミレやバラ、ベリーのニュアンスが立ち昇ります。
一気に色づいた・・・ぴかぴか(新しい)って感じです。

口にすると、柔らかい果実味を感じます。
一口目の余韻は・・・
に・・にがい・・・・
コーヒー豆をうっかり噛んじゃったようなキシっとした苦味が残ります。

果実味のふくらみやボリューム感はやや足りませんが、しっかりとしたボディとタンニンの感じはボルドー好きな方にオススメです。

私は、この前のブルガリアの方が好きかなふらふら

先日、おばからもらった神戸牛の登場です!
DSCN0005.JPG

この前テレビでやってたカロリーオフすきやき

少しアレンジして、リンゴジュースの代わりにすり卸しリンゴを使いました。
みりんと砂糖はなし!!

あま〜〜〜い割り下がお好きな方にはかなり物足りないと思われますが、私のように、
「すき焼きは胸焼けがするわぁ・・・」
なんて方には、さっぱりしてていい感じでしたよ。

<<カロリーオフすき焼き>>
すきやき.JPGあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
<材料>
野菜 肉  食べたいだけ
満月割り下  酒 100cc  リンゴ 1個(すり卸し)
         しょうゆ 100cc  水 200cc
新月付けダレ 山芋(すり卸し)適量 卵  
<作り方>
1リンゴをすり卸し、満月の材料を混ぜておく。
2鍋にねぎ(または、玉ねぎ)を置き、その上に肉を全体の1/4位をのせ、強めの中火で火を通す。
3肉とねぎに火が通ったら、割り下を注ぎ、煮立ったら、他の材料を入れる。
4卵と山芋を混ぜたものにつけて召し上がれ!

ひらめきしめのうどんを煮る時には、砂糖やみりん、しょうゆで味を足したほうがおいしいです。
ひらめき卵だけでもおいしいけど、山芋も合いますよ〜〜


世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
posted by maymei at 23:14| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカのワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

初登場『モロッコワイン』

以前、レストランでいただいたことのあるモロッコワイン
中々の作りだったけど、ちょっと高いなぁ・・・というのが印象。

今回のモロッコワインは『葡萄屋』のホームページを見て連絡を下さったインポーターの扱うワイン。
『tandem 2006』
DSCN9919-1.jpg
『2人乗り』を意味するこのワインはクローズ・エルミタージュの有名な造り手アラン・グライヨが手がけるファースト・ビンテージのワインです。
キュートなラベルは造り手アラン・グライヨとボルドー出身でモロッコ在住の醸造家ジャック・ブーランの2人が手を取り合っているイメージでしょうか。
私だったら、ラベル買いしそうなくらいかわいい感じです。

色合いは縁がややピンクで赤紫のニュアンスが強いかんじです。

色合いを見ている間も、いい香りが漂ってきます。
抜栓してすぐには、フレッシュなイチゴやいちぢくのジャムのようなフルーティな香りに、墨汁やスモーク、カカオなどの香りが混ざった感じがします。まだ、開いていない感じです。
シラー独特のコショウなどの感じはほとんどしません。

ところが、30分もするとどんどん香りが変わってきました。
熟したいちぢく、コショウ、乾いたハーブなどのニュアンスが豊かに香ってきます。
この変わり様には驚きました。

味わいも同じ。
はじめは柔らかく、やさしく、これがシラー100%???
と思うほど、丸く滑らか。
ところが、香り同様、味もどんどん変わっていきます。
柔らかいけどこなれたて、カカオのような味わいをもった渋み、ジャムのような果実味。豊かな香り。

私はと〜〜っても好きな味わいです。
ただ、シラー独特の重みがないとヤダ!というダーリンのようなタイプには厳しいかもしれません。

今晩はお鍋。
最初は水炊き。
mizutaki.JPG
ポン酢とはどうかな〜とおもったけど、味が変わる前だったので、まぁまぁかな。でも、重くなったあとだと厳しそうですバッド(下向き矢印)

しめは味噌煮込みうどん
鶏と野菜のお出汁が出た汁なので、おいし〜〜
miso.JPG
こちらは、味噌のコクと相性バツグン手(チョキ)

おいしかったです〜〜黒ハート


http://www.budouya.jp/
こちらでニッチワインをご購入いただけるようになりました
ニッチワインとは、まだ知られていない世界のおいしいワインのことです!是非、お試しあれバー

ワインについての詳しくはこちら
http://blog.goo.ne.jp/grass2108/

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
posted by maymei at 23:59| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカのワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

これこそマリアージュ! チュニジア・クルビス・ルージュととり胸肉の赤ワインソース

何日ぶりにダーリンがお家でご飯を食べるというので、久しぶりにマリアージュにこだわることに。

今日は『葡萄屋』http://www.budouya.jp/でも大人気のスパークリングを作っているチュニジアのワイナリー『Krubis』の赤ワインを飲むということだったので、赤ワインに合うメニューにしました。

『Krubis Vin Rouge 2007 AOC MORNAG』

このワイナリーはいろいろな品種をブレンドするのが上手いという印象です。この赤ワインもシラーとムールベードルのミックスです。
瓶がとても重厚で、底のくぼみが非常に高くなっています。
ってことは・・・

そう、タンニンが豊か!なんでしょう。きっと!!

色合いは縁がピンクがかった濃い目のルビー色です。
鼻に近づけるとすぐに、黒いベリーの香りが広がります。ミュールやブラックベリー。とてもフレッシュで瑞々しい感じです。
グラスをまわすと、シナモンや黒コショウ、紅茶、木、カカオなどスパイスなどの香りも立ってきます。
全体的にフレッシュなイメージです。
あと、鼻や目にツンとアルコールを感じます。

口に含むとやわらかい果実味をまず感じます。
その後にキタ〜〜〜〜〜〜ダッシュ(走り出すさま)
やっぱりキマシタ。それも、かなりのボリュームで!
タンニンです!!!
口全体が渋くなりました。

でも、飲んでいるうちにあっという間にこなれてきます。
なので、タンニンが苦手!という方は、飲む1時間も前に開ければ、十分やわらかい味わいを初めから楽しめると思います。

酸味もあるので、非常にバランスがいいです。

今日のメインは
『とり胸肉の赤ワインソース』です。
しっかり目のタンニンもとり肉と一緒に食べると、あら不思議ぴかぴか(新しい)
すっと消えてしまいます。で、果実味が心地よく、鶏肉も甘く感じます。
これこそ、マリアージュの妙黒ハート

やっぱりワインはお料理と一緒がいいですねるんるん

<<とり胸肉の赤ワインソース>>
<材料> 2人分
とり胸肉 大き目のもの1枚(250g〜300g・小さい場合は2枚)
ローズマリー 2枝
赤ワインビネガー 小さじ2
赤ワイン 100cc
砂糖 小さじ1  バター 小さじ1
塩 こしょう 小麦粉
<作り方>
1とり肉は観音開きし、ラップで挟み肉叩きで6〜7mm程度まで伸ばす。塩・こしょうしてしばらく置く。焼く直前に小麦粉をまぶす。
2サラダ油を熱し、片面をきつね色になるまで焼く。
3片面が焼けたらひっくり返し、赤ワインビネガーを入れる。強火ですばやくアルコールを飛ばす。
4蒸発したら、赤ワイン、ローズマリーを加え、鶏肉に絡ませたら、肉を取り出す。
5火をやや弱め、砂糖、少な目の塩、多めのコショウを加え、味を調える。小麦粉をまぶしたバターを加え、とろりとしたら出来上がり。
6お皿に盛り付けた鶏肉に5のソースをかけ、ローズマリーを飾って出来上がり!


ひらめき肉たたきがなければ、ワイン(できればシャンパン)のボトルでも代用できます。
ひらめき酸味が好きな方は、最後にレモン汁を加えてもおいしいです。
ひらめき加える赤ワインは、合わせる赤ワインにすると、マリアージュ感もさらにアップですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)



http://www.budouya.jp/
こちらでニッチワインをご購入いただけるようになりました
ニッチワインとは、まだ知られていない世界のおいしいワインのことです!是非、お試しあれバー

ワインについての詳しくはこちら
http://blog.goo.ne.jp/grass2108/

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
posted by maymei at 23:50| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカのワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

チュニジアの『MAGON』

今週はディズニーランドに行ったりでちょっとお疲れ
なので、かなりブログもサボり気味でしたふらふら
ふと、気が付くとた、たまってる・・・もうやだ〜(悲しい顔)
なので、まとめて書いちゃいます!

どこから書くんだっけ・・・???

9月21日
チュニジアワインです

『MAGON AOC MORNAG 2005』
DSCN9912_edited-1.jpg
です。以前にご紹介した(多分・・・)ように、チュニジアではフランスと同じAOC制度が用いられています
AOCは呼称認定制度と言われ、様々な基準を満たしたものだけに名乗ることを許される名称です

このMAGONはシラー、カリニャンで作られています

色合いは深みのあるルビー色。熟成感は見られません
鼻に近づけるとあったかそうな香りがします
カシスやプラムなどの黒いフルーツ、カカオやコーヒー、黒胡椒など、スパイシーな香りもします

口にすると、ふっとプルーンを噛んだ時のような甘味が広がります
タンニンや酸味はやわらかく、全体に穏やかな印象です
ダーリンいわく、「好みがわかれそう」とのことですが、私的には豚にも鳥にもあうし、しょうゆ味の煮物にも合いそうなので、なかなかいけると思います。
DSCN9957.JPG


<<豚肉のミラノ風カツレツ トマトしそ風味>>
DSCN9952.JPG
<材料> 2人分
豚ロース肉 2枚  トマト 1個  
青しそペースト(青しそ 10枚  オリーブオイル 大さじ2〜3)
卵 小麦粉 パン粉(目の細かい物) バター サラダ油
<作り方>
1青しそペーストを作る。ミキサーやフードプロセッサーに材料を入れ、細かくなるまでしっかりと。オイルはやや大目のほうがお肉に絡みやすい。トマトは湯むきし、さいの目にきる。青しそペーストとトマトをあわせ、軽く塩・こしょうして、味を調える。
2豚肉は脂身に切れ目を入れ、肉たたきなどで筋を切るように7〜8mm程度の厚さになるようにたたく。塩・こしょうを振り、小麦粉⇒卵⇒パン粉の順に衣をつける。
3サラダ油を肉の半分が浸る位までいれ、バター大さじ1〜2を溶かす。油が温まったら、肉を入れ、フライパンをゆすりながら、油が全面に回るようにして、きつね色になるまで片面を焼く。
4片面が焼けたら、油を捨てて肉をひっくり返し弱火で焼く。
焼けたら、キッチンペーパーの上にのせ、しっかりと油を切る。
5肉を皿に盛り、上からトマトソースをかけてできあがり。


ひらめき青しそペーストがなくても、オリーブオイルでトマトを和えて塩・こしょうした物をのせてもおいしい黒ハート一緒にレタスなどを合えても・・・
ひらめきパン粉は目の細かい物を使ってください。油を吸う量が減って、さっぱりした味わいに!目の大きい物はフードプロセッサーにかけて、細かくしてください。


http://www.budouya.jp/
こちらでニッチワインをご購入いただけるようになりました
ニッチワインとは、まだ知られていない世界のおいしいワインのことです!是非、お試しあれバー

ワインについての詳しくはこちら
http://blog.goo.ne.jp/grass2108/

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
posted by maymei at 12:08| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカのワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

Ch.モルナグとレンジでチン

皆さん、連休はいかがお過ごしでしたか?
私はダーリンの実家にお邪魔し、たらふく手巻き寿司を食べた後、高校時代の友人のお宅にお邪魔しました

おチビちゃん達が遊んでる横で、ママ二人飲んだくれてました
古くからの友人って、ずっと会ってなくてもすぐに高校時代みたいに毎日会ってるかのように話が弾んで、楽しい時間を持てる・・・
しかも、すごく自然にかわいい
こういう関係って、とても心地よくて、とてもありがたいですね

彼女はもうすぐアルゼンチンに行ってしまうけど、また何年か後に帰って来た時も、昨日会ったみたいに話せるんだろうなって・・・
でも、出発前にはまた会えるといいなー(長音記号1)

今日は初Ch.モルナグのお味見です
葡萄屋のセットにはよく登場するこのCh.モルナグ
何を隠そう、初体験なのです

『Ch.MORNAG 2005』
DSCN9901_edited-1.jpg
このワインはチュニジアのGrand Cruを名乗ることが許されています
色合いは深みのあるルビー色
スミレなどの花の香りが豊かに香ります
ラズベリーやチェリーなどの赤い小さい実、グラスを回すと、紅茶やカカオなどの香りも立ちますが、フレッシュで華やかな香りが特徴的です

口に含むと、柔らかな果実味、口をするりと通るなめらかな舌触りが印象的です。タンニンはこなれていて、ほとんど感じられません。時間が経つにしたがって、さらにその滑らかさが豊かになります。
まさにビロード黒ハート

ダーリンいわく、2003年のほうがもっと柔らかかったとのこと。あら、2005年も十分ですわよわーい(嬉しい顔)

DSCN9948.JPG
昼間、こんこん咳をする姫の機嫌をとったり、溜まったダーリンのお手伝いをしたりで夕飯の支度が大幅に遅れました
なので、今日は、『お急ぎレンジでチンモバQ』メニューです

<<きのこの白ワイン蒸し>>
DSCN9942.JPG
<材料>
まいたけ 1パック  白ワイン 大さじ1
唐辛子 1個  塩 こしょう
<作り方>
1耐熱容器にまいたけを小房に分けながら入れる。塩・こしょう、白ワイン、適当にちぎった唐辛子を入れ、手でざっと混ぜる
2500Wで3分 レンジでチン で出来上がり

ひらめき他のきのこでもOkです
ひらめきワインがなければ、酒でもよし


<<豆腐のシュウマイ>>
DSCN9947.JPG
<材料>
豚挽き肉 50g  木綿豆腐 半丁(約150g)
ねぎ1/3本  シュウマイの皮 8枚
味付け 満月しょうが汁・ごま油 小さじ1/2
    満月片栗粉 大さじ1  塩 小さじ1/2
<作り方>
1ねぎはみじん切りに。豆腐は適当に契り、しばらく置き、ふきんに包んで水分を絞る。シュウマイの皮は細切りにする。
2豚挽き肉を粘りが出るまで練り、豆腐、味付け満月の調味料、ねぎを加え、しっかり混ぜる。
3耐熱容器に2の種を丸めて置き、上にシュウマイの皮を乗せる。全体に霧吹きなどでまんべんなく吹きかける。
4ラップをふんわりかけ、500wで3〜4分レンジでチン
6上にからしをのせて出来上がり

ひらめきからしの代わりに、枝豆やグリンピースを乗せても綺麗
ひらめき酢しょうゆなどで召し上がれ
ひらめきチンしすぎると固くなるので注意

基本的にはレンジ調理は好きじゃないけど、忙しい時はやっぱり助かりますふらふら


http://www.budouya.jp/
こちらでニッチワインをご購入いただけるようになりました
ニッチワインとは、まだ知られていない世界のおいしいワインのことです!是非、お試しあれバー

ワインについての詳しくはこちら
http://blog.goo.ne.jp/grass2108/

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
posted by maymei at 23:49| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカのワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

チュニジアのMUSKAT

昨日のホームパーティで全力を使い果たし、今日は抜け殻状態ふらふら
朝から眠いの何の・・・
私の眠気に関わらず、姫様は朝から元気グッド(上向き矢印)
ダーリンは知らん振りで朝寝坊むかっ(怒り)
で、一通りやった後、家事放棄!!!
のっそり起きてきたダーリンに「後はよろしく!」と言い残しベッドへむかっ(怒り)直行ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
起きたら、すでに1時
あ〜〜〜良く寝た


今晩は、昨日の残りベースのご飯で決まりです
冷蔵庫のお掃除しなくちゃね犬

ワインは、前から開けたい!!!とダーリンが言ってたワインにすることにバー

『MUSCAT SEC DE KELIBIA PREMIER CRU 2006』
DSCN9775-a.JPG
KELIBIAはボン岬の南側先端に位置し、農業と漁業の町です。
第3次ポエニ戦争で街は破壊されましたが、ローマ時代に復興されました。
6〜7世紀に要塞化されたビザンチンの城塞が有名です。

そのAOC名を持つこのワインはアレクサンドリア・マスカット100%で作られています。
世界的に権威のあるヴィナリーズ インターナショナル2007で栄誉ある金賞を受賞しています

色合いは薄く透明感のあるレモンイエロー

香りは白くて大きな花、青りんご、かりん、黄色い桃など華やかな感じです。グラスを回すとほのかに吟醸香やナッツなどの香ばしい香りもします

味わいはすっきりした酸が特徴です
口に入れた時にはあまり感じない果実味もワインが口の中を進んでいくにつれて、徐々にうっすらはちみつのような甘味を含んだ果実味が口の中に広がっていきます
余韻は短いですが、スッキリとした味わいが印象的です

全体的にバランスが良いこと、吟醸香がすることなどから、和食にも合いそうな感じです


今晩のお料理ははっきり言って「昨日の残り物」です
DSCN9827.JPG
満月スペイン風オープンオムレツ
これは、ブルスケッタの残りのトマト ケッカソースを入れたもの

満月レバーペーストのペンネ
これは、レバーペーストを牛乳と生クリームでといたもの
DSCN9828.JPG
満月グリーンピースのトマトソース煮
これは、イカのトマト煮で残ったソースでグリンピースを煮たもの

とまぁ、残り物もアレンジすれば別のおかずになるわけで・・・
捨てずに全部食べましょうレストラン(なんのこっちゃ???)


http://www.budouya.jp/
こちらでニッチワインをご購入いただけるようになりました
ニッチワインとは、まだ知られていない世界のおいしいワインのことです!是非、お試しあれバー

ワインについての詳しくはこちら
http://blog.goo.ne.jp/grass2108/

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
posted by maymei at 22:47| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | アフリカのワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

昼からワイン

今日は高校時代のお友達が東京に滞在するというので、ワインのお土産を持って、ホテルに遊びに行ってきました

DELIって、ホテルでゆっくり食べることに黒ハート
お土産に選んだのは
『Domaine Clipea Chardonnay AOC 2003』です
http://www.bidders.co.jp/pitem/106690612
DSCN2540_edited-1.jpg
レモンやライムなどの柑橘系やミネラル香などのかぐわしい香りとしっかりとした酸と華やかな果実味
まるで、高級シャブリのようなのです黒ハート

和食からチーズまで、しっかりと味を保ちつつ引き立ててくれました
友人も「これ、おいしいわーい(嬉しい顔)」と言ってくれました
それが何よりかなぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

たのしいランチでした


http://www.bidders.co.jp/user/11246482
こちらでニッチワインをご購入いただけるようになりました
ニッチワインとは、まだ知られていない世界のおいしいワインのことです!是非、お試しあれバー

ワインについての詳しくはこちら
http://blog.goo.ne.jp/grass2108/

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2008年08月09日

GRIS D'HAMMAMET

いよいよ、オリンピックが開幕しましたねくつ

開会式は、中国らしいと言うか、ド派手な感じで・・・
とても電力が不足しているようには見えませんでしたねふらふら

今日は期待のヤワラちゃん!
同じ福岡出身であり、ママでもある彼女には本当に金メダルを取ってほしかったのですがバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
結果は残念なことにもうやだ〜(悲しい顔)
プレッシャーや周りの期待など、色々大変だったとは思います
お疲れ様ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)と言いたいですね

気を取り直して、明日から出場される選手の皆さん、がんばって行きましょうグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


で、そんなオリンピックを見ながら、昼間から一本開けちゃいましたバー

『GRIS D'HAMMAMET 2005』(チュニジア)
DSCN2633_edited-1.jpg
http://www.bidders.co.jp/pitem/109031095
です。
GRISとはフランス語で”灰色の”の意味で、この語の前にワインを示すvinがつくと「vin gris」で”極薄く色のついたロゼワイン”という意味になります

『GRIS D'HAMMAMET』もその意味を持ち、チュニジア独特のロゼを”グリ”とも呼ぶようです。ヨーロッパの人々がチュニジアでバカンスを過ごす時には必ず口にすると言われ、その洗練された味わいにはとても定評があります。

品種はサンソー、グルナッシュ、カリニャンで、ややオレンジがかったサーモンピンクをしています
香りはスミレやアセロラ、オレンジなど、少しエスニックな感じがします。その中に、セージやグリーンペッパーなどのハーブ香がするのが特徴的です。

味わい的には、酸味が非常に豊かでさっぱりとしたオレンジなどの柑橘系に近い果実味がします。タンニンはほとんど感じられませんが、キリッとしていて、ブランチや昼下がりに一杯バーといきたいワインです。

ハーブ香がするので、チュニジアの伝統料理『クスクス』やハーブを利かせた『チキンのトマト煮』なんかによく合いそうですレストラン
ちょっとしたおつまみ、で言うなら、私的にはポテトチップののり塩味をおすすめしますね黒ハート

グイグイいけちゃうので、昼間に飲まれる時はお気をつけ下さい!
その後が何も出来なくなりますのであせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


http://www.bidders.co.jp/user/11246482
こちらでニッチワインをご購入いただけるようになりました

ワインについての詳しくはこちら
http://blog.goo.ne.jp/grass2108/

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
posted by maymei at 15:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカのワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

チュニジア DAY

朝から大雨
なのに、早起きしてあるイベントに行ってきました
お酒とは全く関係のない、かなり健康的なイベントなのでここでは割愛しますふらふら

お昼は、先日も行ったゲウチャイへ
DSCN2831.JPG今日もタイワイン PBカオヤイにタイ料理を頂きました
良く冷えたPBはタイ料理には抜群です
ヤム・ウン・センは何度食べてもおいしいのです
でも、パクチーがちょっと少ないのが難かな
パクチー好きとしては、セロリをパクチー代わりにしているのは、ちょっと納得いかないバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

ここは日本
仕方ありませんね・・・たらーっ(汗)

宝塚記念は夫婦揃って大外し
仕方がないので、夕食を作ることに
(いっつもG1のある時は、当ったらご馳走を食べに行く!!と言いつつ、当った試しなしあせあせ(飛び散る汗)

かねてから試飲するつもりだった、チュニジアワイン『VIEUX MAGON 2001』を、今日こそは飲むと言うので、クスクスを作ることにレストラン

クスクスって何???
っ感じの方も多いでしょう
クスクスはアラビア諸国や北アフリカでよく食べられているパスタの一種で、トマトで煮込んだお肉や野菜と混ぜて食べられていることが多いようです

実はこのクスクス、料理に使うのは初めて!
ゆでる?一緒に煮込む?はて???
ということで、ちょっと調べたら、簡単そうなレシピを見つけました
http://www.recipe.nestle.co.jp/recipe/800_899/00822
この、クスクスの使い方だけ、ちょっと拝借しました

で、出来たのがこれ
DSCN2842.JPG

<手羽元のトマト煮込み>
手羽元 6本 にんじん1本 じゃがいも小3個 玉ねぎ小1個
トマトの水煮1缶 ピーマン1個 ブロッコリー1/2房 バジル 5枚 ベイリーフ(月桂樹)1枚 にんにくみじん切り少々 唐辛子1本
クスクス150g 熱湯150cc バター、サラダオイル各大さじ1/2 塩少々

1玉ねぎはうす切り にんじん・じゃがいもやや大きめの乱切り ピーマンは適当な大きさに切る ブロッコリーは子房に分け固めに塩茹でする 唐辛子は種を抜き、半分にしておく
手羽元はしっかり目に塩・胡椒をし、もみこむ
2圧力鍋にオリーブオイルを大さじ1〜2程度入れ、弱火でにんにく・唐辛子を炒める。香りが立ってきたら、玉ねぎを弱火でしんなりして透明になるまでしっかりと炒める
3玉ねぎを炒めている間、別のフライパンを熱し、手羽元にこんがり焼き目をつけておく
4玉ねぎがいい感じになったら、じゃがいも・にんじん・ピーマンを加えて軽く炒め、3の手羽元、トマトの水煮缶、ベイリーフ、バジルを加えて、軽く混ぜ、圧力をかける。圧力がかかってから5分程度弱火。加圧が終わったら、急冷する
5蓋をあけ、弱火で煮込む
6汁気が少なくなってきたら、塩・胡椒で味を整え、ブロッコリーを加えて軽く混ぜる
7クスクスを用意する
クスクスに同量の熱湯を加え、しっかり混ぜる。熱いうちに、オイル・バター・塩を加え、塊がなくなるようにしっかり混ぜる。ラップをかけて、電子レンジで3分(500W)
8クスクスにソースをかけてできあがり

ひらめきクスクスが汁気を吸うので、煮詰めすぎないほうがいいです
(今日はほとんど汁気がなかったので、クスクスとからまりづらかったです)
ひらめきチビが食べるので、スパイシーにしなかったのですが、カイエンヌペッパーやタイム、コリアンダーなどのスパイスで味を調節してみて下さい

あ〜〜〜たいへん『VIEUX MAGON 2001』のコトをすっかり忘れてましたダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
DSCN2670.JPG
http://www.bidders.co.jp/pitem/107245934

7年も熟成しているので、香りは熟したプラムやレーズンのような甘いベリーの香りがします。
柔かくなったタンニンと果実味酸味がバランスよく、和食〜お肉までいけそうな柔かい味わいでした
本当に渋すぎず、酸っぱすぎず、と言う感じなので、赤ワインは苦手もうやだ〜(悲しい顔)と言う方にも試していただきたい1本です

私的には、タレのつくねに黄身を絡ませた、あのエモイワレヌとろ〜〜んとしたヤツに合わせたい黒ハートと一人でじゅるっあせあせ(飛び散る汗)となってました

だれか、試したら教えて下さい!!
きっといけると思うんだけどなぁぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


http://www.bidders.co.jp/user/11246482
こちらでニッチワインをご購入いただけるようになりました


http://p-netbanking.jp/blog/in.php?blog_id=7536
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2008年06月28日

K de Kurubis

待ちに待ったこのワインの試飲の日がやってきました
ダーリンはなかなか開けてくれませんでした
DSCN2548.JPG
http://www.bidders.co.jp/pitem/106733893

『K de Kurubis』はチュニジアで造られたスパークリングワインです
シャンパンと同じ方式で造られており、品種もシャルドネのみです
このスパークリングワインの特徴は、発泡がとても豊かなことで、同価格帯にあるスペインのCAVAには決して負けてません
レモンやグレープフルーツの香りの中に、ヨーグルトのような柔らかな香りとミネラルの感じがします。やや塩気を感じるのは私だけでしょうかキスマーク
長く残る発泡と、クリーミーでコクのある味わいはとても素晴らしいものです

以前、試飲した時と変わらず、おいしい黒ハートとなるあたり
チュニジアワイン、なかなかやりますひらめき

DSCN2802.JPG昨日作った「カリフラワーソース」をパスタにかけて一緒に頂きましたが、カリフラワーの優しいあじわいとぴったりでした

これからの季節にはぴったりの一本になりそうですバー


http://www.bidders.co.jp/user/11246482
こちらでニッチワインをご購入いただけるようになりました

http://p-netbanking.jp/blog/in.php?blog_id=7536
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2008年05月18日

アラビア料理とモロッコワイン

今日のテーマは「横浜異国巡り」

って、わけでもないんだけど、そんな一日になりました

お昼、近くの沖縄料理屋さんへ
私の住む町には、やけに「沖縄料理」と「ブラジル料理」のお店がたくさんあります。
その中でも、良く行く「かなやぁ」へ

なんだかとっても混んでました
やっと座って、注文
DSCN2024.JPG
私は、いつものゴーヤちゃんぷるぅ
ちょっと今日は塩味きつめだったけど、おいしかったです


その後、赤レンガへ
ところが今、横浜は「アフリカ月間」なるものの真っ最中
街をあげてやっているようで、赤レンガは人であふれてました
ちびを連れて、中に入るのはちょっと無謀だったので、山下公園へ行くことに。
犬がたくさんいて、姫様は大喜びでした

中華街でお買い物をして、今日のメインイベント
アラビア料理「アル・アイン」へ
http://r.gnavi.co.jp/g011300/

ビルの地下一階、かなり怪しげな雰囲気たらーっ(汗)
大丈夫???
と思ったら、やけに陽気なシェフがやってきて、一気に心配も吹っ飛びました
まず、ダーリンはレバノンビール、私はモロッコビールをオーダー
レバノンビールのほうがさっぱり目で、モロッコビールは苦味がしっかりあるちょいクセのある味でした
どちらもおいしい
その後、ペーストの盛り合わせやサンブーカ、クスクスのチキンシチューなどを頂きました
これが、うまいわーい(嬉しい顔)
ややスパイシーで姫には厳しいものがありましたが、とってもおいしくいただきました黒ハート

ワインはモロッコワインをオーダー
何ってたって、これも今日の目的の一つですからバー
DSCN2049.JPG

鼻が詰まり気味な私には、その香りを正確に捉えることができませんでしたが、何となく、ピノ・ノワールのようなかんじが・・・
味わいも酸味・果実味のバランスがとってもいい割には、タンニンが優しいので、かなり万人うけしそうな予感が
ただ、暖かい地域のワインなので、アルコールが高いので、飲み口の良さに騙されて、ぐいぐいいくと、あとで大変なことになりそうですあせあせ(飛び散る汗)

初めてアラビア料理なるものを頂きましたが、一つ難点がバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
何だと思う???

私の食の好みをご存知な方にはピンとくるかもふらふら
そう!!
ムサカをはじめとして、やたらとなすが入ってるんですよ
これがもうやだ〜(悲しい顔)
なので、チョイスがかなり狭まるのです
仕方ないんだけどねダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

ってなことで、今日も楽しい、おいしい一日でした

http://www.bidders.co.jp/user/11246482
こちらでニッチワインをご購入いただけるようになりました

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
posted by maymei at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカのワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする