2011年08月18日

【9/17 地中海10か国の厳選ワインと松浦シェフ・夏のイタリアンフルコースの会】 お知らせ

毎日、暑いですねあせあせ(飛び散る汗)
干からびてしまいそうです・・・

でも、明日からは少し涼しくなるそうですので、期待しましょ〜〜黒ハート

ワイン会のお知らせも報告も、めっきりご無沙汰でしたが、久しぶりにご案内です。

なんと、この企画。
9月3日に企画していたのですが、あっという間に満席になり・・・
同月にもう一度、同じ内容でやってしまおうということになりました!!

写真を見るだけで、ごっくんキスマークとなってしまうお料理と、ワインは燦燦と地中海の太陽を浴びて育った、地中海のワインたちです。

そして、今回初登場は『マルタ共和国』のワイン!!
DSCN5357-1.jpg

マルタ共和国はシチリアの南に位置する、小国です。
小型犬マルチーズの名前はこのマルタに由来してるんです。
コネタでした〜〜〜〜黒ハート

日本にはほんの少ししか輸入されていない、超希少なワインをお楽しみください。

残席がわずかとなっておりますので、お早目のご予約をお願いいたします。

■ 地中海10か国の厳選ワインと松浦シェフ・夏のイタリアンフルコースの会
開催概要
 日 時:2011年9月17日(土)
 時 間:15:00〜17:00
 場 所:イタリア料理松浦
     渋谷区広尾5-8-12 広尾ファイブビル1F
アクセス:東京メトロ日比谷線 広尾駅徒歩5分
     http://www.matsuura.ne.jp/map.html
参加費:お一人様4,900円
定 員:先着30名様とさせていただきます。

内容:葡萄屋の厳選した地中海10か国のワインを10種類お楽しみいただきます。
また松浦シェフの上記イタリアン料理をお召し上がりいただきます。
2011.7.20 072.jpg
↑前菜の盛り合わせ

2011.7.20 076.jpg
↑フレッシュトマトと大山赤豚ときのこのスパゲッティ
※写真はすべて、イメージです

※9月3日(土)15:00〜の「地中海10か国の厳選ワインと松浦シェフ・夏のイタリアンフルコースの会」は満席となり、締め切らせて頂きました

試飲会のご参加には事前予約が必要となりますので、ご希望の方は、<info@budouya.jp>までメールにお名前とお申込みの人数をご記入の上、お申し込みください。
ご予約は上記アドレスにメールを頂き、当方からの返信をお受け取りいただいた段階で確定となります。返信は2日以内にお送りしております。
返信が届かない場合、私どもにメールが届いていないことがありますので、その場合は誠にお手数ですが再度メールしてください。

過去のワイン会はこちらから、ご覧ください

皆様のご参加をおまちしておりま〜〜〜するんるん

世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2011年07月14日

ワインの講演会を開きます!

今日も、とっても暑いですが・・・
もっと、暑いかな?と思われる、8月25日(木) 14:00〜16:00に渋谷にて
ワインの講演会を開かさせていただくことになりました。

私のブログを読んでくださっている皆様は、大丈夫???
と思われるかもしれません。
私も少し心配です(だって、人見知りなんだも〜んあせあせ(飛び散る汗)

他のワイン講座とは一味違う、旅の小話?や渡航先でのワインの選び方などをお話させていただく予定です。
もちろん、基本的なワインの知識もお話いたします。
たまには、まじめに(なるかなぁ・・・)ワインのことを知りたいな、と思われる方は
是非、ご参加くださいませ。

当日は、8種程度のワインをテイスティングしていただく予定です。
もし、こんな話も聞いてみたいな〜というリクエストがございましたら、
是非、お聞かせいただければと思います。

いつものワイン会とは違った私に出会えるかも〜〜〜黒ハート

皆様のご参加を心より、お待ちいたしております。

↓お申込みはこちら↓
ユーラシア旅行社 旅の集い
http://www.eurasia.co.jp/lecture/index.html

定員  50名
講師  草壁五月(ソムリエ、フード・コーディネーター、チーズプロフェッショナル)
日時  8月25日(木) 14:00〜16:00
開場  13:45
会場  渋谷SIビル会議室A(渋谷駅徒歩6分)→地図
内容
ソムリエとして活躍する草壁五月氏をお招きし、ヨーロッパワインの基礎知識から旅先での楽しみ方までヨーロッパワイン8種の試飲を交えながら、その魅力を分かり易くご紹介します。

<草壁五月氏プロフィール>
元国際線客室乗務員として15年乗務し、豊富な海外渡航歴を持つ。世界20カ国、50ヵ所以上のワインの生産国・ワイナリーをまわり、現地のワインや食の経験を重ねる。

ワインの講演活動の他、海外の食をテーマとした情報やレシピ作りなど多方面で発信、現在はワインショップ「葡萄屋」のソムリエとしても活躍中。

★当イベントは有料です。
料金:4800円(ワイン代込み)
当イベントは事前振込みをお願いしております。ユーラシア旅行社から開催の30日前前後にご請求書をお送りいたします。

世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2011年07月11日

世界10カ国の有機ワインと日見シェフ特製のドイツ料理のマリアージュの会 無事、終了いたしました!

と〜〜〜っても暑い日でした。
じりじりと肌を焼く太陽が恐ろしく、外に出るのもためらわれるような日でしたが、
欠席もなく、皆様にお出でいただきました。

ご参加いただきました、皆様、誠にありがとうございました。

今回は有機ワインとドイツワインのマリアージュの会でした。

有機ワインと一口に言っても、リュット・リゾネ(減農薬)に始まり、様々な認証団体に加盟して
その基準のもと、行われるもの、または、農家や作り手自身が独自に行う方法など、様々な
タイプがあります。

例えば、タマヤ(チリ)はビオロジック、マインクラング(オーストリア)はビオディナミ、シレックス(フランス)はリュット・リゾネなどなど。
昔は、オーガニック=いいけど、まずいのイメージがありましたが(私だけ???)、今は、質、味、ともに素晴らしいワインが登場しています。

この機会に、ぜひお試しください!!

<今回のワイン>
1.エラ・グリッロ オーガニック(イタリア産・白・グリッロ100%)
2.ムーンライト・オーガニックス シュナンブラン&ソーヴィニヨンブラン(南ア産・白・ソーヴィニヨンブラン、シュナンブラン)
3.セオドラカコス エステート キドニツァ オーガニック(ギリシャ産・白・キドニツァ、モネンヴァシア、シラプサ)
4.マインクラング ブルゲンランド(オーストリア産・白・GF50%、ヴェルシュリースリング40%、ミュスカ10%)
5.モンティノレ リースリング(アメリカ・オレゴン州産・白・リースリング100%)
6.プリンツ グーツ・リースリング Q.b.A.トロッケン(ドイツ産・白・リースリング100%)
7.ドメーヌ・ミッシェル・トマ サンセール・シレックス(フランス・ロワール地方・白・ソーヴィニヨンブラン100%)
8.タマヤ カルメネール・レゼルバ(チリ産・赤・カルメネール100%)
9.ソルタン ルージュ(チュニジア産・赤・シラー、カリニャン、ムールヴェードル)
10.セイス・デ・アスル・イ・ガランサ(スペイン産・赤・メルロー 60%/カベルネ・ソーヴィニヨン 40%)

私的には、リースリングが良かったですね〜黒ハート
ほのかに甘い感じがたまりません。

オレゴンとドイツ、どちらもリースリングの銘醸地と言われていますが、それぞれ、味わいが全く違うのも面白かったです。
これに、アルザスを加えた3本で飲み比べ・・・なんていうのも楽しそうでするんるん

いつも、赤、赤・・・
とおっしゃる皆様も、この暑さでは、冷えた白ワインの魅力には勝てなかったようで・・・
順位にも大きく影響が出ておりました。

1位 マインクラング ブルゲンランド
2位 モンティノレ リースリング

3位以下はほぼ同票で、たくさんありましたので割愛させていただきます。

赤はどれも、重めのものでしたので、少し厳しかったですね。
スペインのセイス・デ・アスル・イ・ガランサはスペインにしては珍しくカベルネやメルローで作られており、かなりのフルボディ具合でした。

もう少し、低めの温度にしておけば違ったかな・・と。
反省ですバッド(下向き矢印)

日見シェフの力作はボリューム満点でした。
私の大好きなアイスヴァインやニュルンベルグ・ソーセージなどなど。
DSC00685.JPG

今回で、一応Bitteでのワイン会は一区切りですが、
ホワイトアスパラガスやジビエなどは、企画していきたいと思っておりますので
どうぞ、ご心配なく!!

次回は、なんとハワイアン!!
Roy's(ロイズ)の総料理長を10年以上も勤められた伊波茂勝氏による
絶品お料理と、みんな大好きシャルドネをマリアージュ!!

お楽しみに〜〜〜
7/23 常夏の楽園ハワイ料理と世界10カ国のシャルドネワインのマリアージュの会
詳細は上記をクリックください手(チョキ)


世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2011年07月07日

開催が迫っていますが・・・ 【ご案内】7/9 世界10カ国の有機ワインと日見シェフ特製のドイツ料理のマリアージュの会

だいぶ、ご無沙汰しておりました。

そうこうする内に、ワイン会が明後日、9日に迫ってしまいました。
少し、遅い気もしますが、一応ご案内を・・・

今回のワインのテーマは有機!!
有機と一口に言いますが、リュットリゾネ(減農薬)、様々な認証団体によるものなど、
多種多様です。

今回、提供予定のマインクラングは肥料に使う牛糞、それを出す(?)牛のえさも無農薬のものを使用しています。ぶどうそのものへの農薬はもちろん、土作りにもこだわりを持っています。

そんな、有機ワインを世界10カ国より10種類、厳選いたしました。
どうぞ、お楽しみに!!

ご一緒にお楽しみいただけるお料理は、いつもおいしいお料理を提供してくださる
Bitte オーナー 日見シェフ自慢のニュルンベルガーソーセージ。
その他、ドイツパスタなどなど。

ドイツならではの味わいをお楽しみください。

■7/9 世界10カ国の有機ワインと日見シェフ特製のドイツ料理のマリアージュの会〈開催概要〉
日 時:2011年7月9日(土)
時 間:14:30〜16:30
場 所:東京・永田町のヨーロピアンダイニング「Bitte」
    http://www.bittebitte.jp/access/
参加費:お一人様4,900円

内容:葡萄屋が厳選した世界10カ国の有機ワインをフリーティスティング形式でお楽しみいただきます
またBitte日見シェフ特製のドイツ料理をお召し上がりいただきます

試飲会のご参加には事前予約が必要となりますので、ご希望の方は、下記アドレスまでメールにてお名前とお申込みの人数をご記入の上、お申し込みください。

この試飲会についてのお問合せは下記アドレスまでお問合せください(電話は045-511-3067)。
k.kusakabe@budouya.jp

また、返信メールが届かない場合は、恐れ入りますが、再度メールいただくか、お電話にてご確認くださいませ。

皆様のご参加をお待ちいたしております。

世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2011年05月26日

6/11 世界10カ国のロゼワインとイベリコ豚のグリルのマリアージュの会 参加者募集中!

今回のワイン会は世界10カ国のロゼワインとイベリコ豚のグリルのマリアージュの会です。

フランスでは、夏の風物詩である「roze」=ロゼワイン。

初夏のこの季節の今回は、世界10種のロゼワインの会を開催致します。

提供するのは、ロゼワインで有名な、フランス・コード・デュ・ローヌのタヴェル(Tavel)から、
ギリシャ、キプロス、レバノン、アルゼンチン、チリ、タイの辛口のロゼと、
チュニジア、ブラジル、スペインなどのロゼ・スパークリングと、
いろいろなタイプのロゼをご用意いたします。

コクのあるロゼ、
スッキリとしたロゼ、
熟成感のあるロゼ、
極上の泡につつまれたロゼ・・などなど。

世界各国の華やかなロゼの饗宴と一緒にお楽しみいただくのは、イベリコ豚のグリル。
頬がとろけるようなイベリコ豚のジューシーなお肉とロゼを合わせてご堪能頂きます。

ロゼはフランス語で「バラ色」の意味で、オレンジがかった濃いピンクを指します。
今回は世界10か国のロゼで10種の「バラ色」をお楽しみいただければと思います。

<今回の予定ワイン>
・モルドレ タ・ヴェル ロゼ(フランス・コート・デュ・ローヌ産 辛口)
※‘09年「ワインスペクテーター2010.6.15」で90点で本格ロゼ。南部ローヌのスーパー・スターと評される作り手のロゼ

・アヴァンティス ロゼ(ギリシア産 辛口)
※力強い色にイチジクとサクランボを連想させる味わい。有機農法で作ったギリシャのロゼ

・ピンクレディー(キプロス産 中甘口)
※地中海の恵みの太陽をいっぱいにあびたキプロスのロゼ。やさしい甘さと快い香り。

・サンセット・ロゼ(レバノン産 中甘口)
※レバノンの名門クサラが作るロゼ。その美しい色と香りは時の流れを忘れさせてくれます

・アキタニア カベルネ・ソーヴィニヨン・リゼルバ・ロゼ(チリ産 辛口)
※CHコス・デストゥルネルとCHマルゴーの責任者が手がけたロゼ。凝縮したプルーンやチェリーのアロマを醸し出す

・モンスーンバレー ホワイトシラーズ(タイ産 辛口)
※タイ・サイアムワイナリーの最高級ロゼ。パーカーポイント85点の実力派

・ケー・ド・クルビス ロゼ(チュニジア産 スパークリング)
※シャンパン方式で、シラー100%使ってつくった北アフリカ産の珍しい本格派辛口スパークリングのロゼ

・ミオーロ・ブリュット ロゼ(ブラジル産 スパークリング)
※ヴァレ・ドス・ヴィニドス地方のシャルドネ、ピノノワール種を使って、シャンパーニュ方式で造った泡ロゼ

・ロジャー・グラート カバ・ロゼ(スペイン産 辛口)
※巷で大人気のこのワイン。他のロゼと飲み比べてみてください

残りの1本は選定中です(ワインは変更になることがあります)

日 時:2011年6月11日(土)
時 間:15:00〜17:00
場 所:東京・永田町のヨーロピアンダイニング「Bitte」
開催場所の地図はこちら
参加費:お一人様4,900円

内容:葡萄屋が厳選した世界10カ国のロゼワインをフリーティスティング形式でお楽しみいただきます
またBitte日見シェフ特製のイベリコ豚のグリル料理をお召し上がりいただきます

試飲会のご参加には事前予約が必要となりますので、ご希望の方は、下記アドレスにお名前とお申込みの人数をご記入の上、お申し込みください。
この試飲会についてのお問合せは下記アドレスまでお問合せください
http://www.budouya.jp/user_data/wine_event/index.html
posted by maymei at 16:51| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

5/14 自然派10種の南アフリカワインと白アスパラのマリアージュの会 ご報告

またもや、ご無沙汰しておりました。

姫様のお弁当に毎日、頭を悩ませつつ・・・
お友達のお弁当はキャラ弁らしいです。
写真を見せてもらいましたが、とってもお上手。
ピンクのご飯でシナモン・・・とか。

私は型抜きのミッキーが精一杯です。
許せ。娘よ・・・
味では負けないからさ・・・多分・・・

さてさて、ワイン会のご報告です。

朝から暑いくらいの一日でした。
待てど暮らせど、宅配のかたが集荷に来てくださらず。
到着が遅くなり、皆様にはご迷惑をおかけいたしました。

ぎりぎり、乾杯に間に合い、ひとまず。ほっ
必死こいて、ついでます。
DSC00473.JPG

本日の南アフリカワインは
1.クローヌ・ロゼ・キュベ・ブリュット
2.ステラー・オーガニックス ピノタージュ
3.ステラー・オーガニックス ホワイト
4.ポールクルーバー ソーヴィニヨンブラン
5.ブーケンハーツクルーフ ポークパインリッジ ソーヴィニヨンブラン
6.アマニ シャルドネ
7.アマニ フォレストマイヤーズ・シラーズ
8.ブラハム シュナブラン
9.ブラハム ソナト
10.ブラハム シラーズ


クローヌは、トウェー・ヤンガ・ゲゼレン・エステイトで作られています。
ケープタウン北東の銘醸地タルバッハにあり、1710年創業の南アフリカで2番目に古い歴史あるワイナリーです。
酸化防止剤アレルギーの奥様の為に、酸化防止剤無添加のスパークリングワインを作り出している愛ある作り手さんです。

私はクローヌのスパークリングが大好きです。
本当に大好きです。
結婚のお祝いや愛する人と是非お召し上がりください黒ハート


ステラー社はフェアトレード&オーガニックの両方の認証を取得している世界唯一のワイナリーです。
コストパフォーマンスの良い味わいは『葡萄屋』でも大人気です。
ワインを飲んで社会貢献できるなんて、まさに、一石二鳥ですねわーい(嬉しい顔)

ポールクルーバーは新世界らしいボディのしっかりしたワイン造りに定評があります。
また、BWI(Biodiversity & Wine Initiative)チャンピオンワイナリーにも認定されています。
BWIとはBiodiversity & Wine Initiativeの略です。南アフリカのワイナリーのほとんどは「ケープ植物区保護地域群」の名で世界遺産に登録されている地域に位置しています。
本来ある南アフリカの植生を保護しつつ、様々な植物の多様性を守りながらワインを発展させていくということを目的としています。

ブーケンハーツクルーフ、ブラハムは現在、オーガニックに転換中です。

ブラハム・ソナトの状態がイマイチでした。
2本目は特に・・・ 残念。
本来はもっと、果実味が濃く、バランスの良いワインなのですが。

気になる、人気投票の結果はこちらです。

1位:アマニ フォレストマイヤーズ・シラーズ 投票数8名/33名
DSCN5148.JPG

2位:ブラハム シラーズ
 投票数7名
DSCN3560-1.jpg

3位:クローヌ・ロゼ・キュベ・ブリュット 投票数3名
DSCN2389-1.jpg

赤ワインのワン・ツーフィニッシュでした。
皆様、果実味濃い目のフルボディがお好きなんですね・・・ 白ワイン好きとしては、やや不満の残る結果でしたもうやだ〜(悲しい顔)

私的には、クローヌ・ロゼ・キュベ・ブリュットブラハム シュナブランが良かったですね〜〜


ブラハム シュナブランは、これがシュナンブラン??と思わせるほど上品な味わいです。
ともすれば、安物ワインとも言われるシュナンブランですが、この子は別物ですよ!!
騙されたと思って、是非、お試しください。
DSCN9987-1.jpg

さてさて、マリアージュを楽しんでいただいたホワイトアスパラガス。
甘くて、ジューシー、さすが旬ですねぴかぴか(新しい)
DSC00478.JPG
春の味、お楽しみいただけたでしょうか???

次回は『6/11 世界10カ国のロゼワインとイベリコ豚のグリルのマリアージュの会』です。
お楽しみに〜〜〜るんるん

世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2011年02月11日

【世界10カ国の厳選ピノノワールとホロホロ鳥のマリアージュの会】のお知らせ

私の大好きな品種の一つが【ピノ・ノワール】黒ハート

ピノと言えば、ブルゴーニュですが、ドイツ、ニュージーランド、アメリカのワシントン州やオレゴン州などの高緯度で冷涼な土地をはじめ、南ア、オーストラリアなどでも広く作られています。

ただ、とてもデリケートで難しい品種のため、高価になるのが難点です。

毎回、ピノの会はとても人気があります。
だって10種類のピノを飲み比べるなんて、なかなか出来ないですもんねるんるん

今回ピノのマリアージュをお楽しみいただくのは『ホロホロ鳥』

中々、食べる機会のないこの鳥さんなので、少しご説明を・・・

ほろほろ鳥は、キジ科の一種です。
ですが、キジのようなクセはなく、ヨーロッパでは鶏に比べ、肉質のよさ、食感等の評価が高く「食鳥の女王」として一般家庭でも、高級食材としても需要が高い食材と言われています。

脂肪は、良質の脂肪で低コレステロール!そしてコラーゲンがたくさん含まれています。
鶏肉より脂肪が少なく、タンパク質が多く鉄分は牛肉と同程度で魚の3倍以上あり、ビタミン類も豊富です。

と、珍しいだけでなく、栄養価的にも素晴らしい食材と言えるでしょう。

今回は、このホロホロ鳥のローストをピノノワールと一緒に楽しんで頂きます。
外側はパリッと、内側はギュッと弾力があり
ジューシーに仕上げた逸品。
ピノノワールとの相性もも楽しみです・・・わーい(嬉しい顔)


■世界10カ国の厳選ピノノワールとホロホロ鳥のマリアージュの会〈開催概要〉
日 時:2011年3月12日(土)
時 間:15:00〜17:00
場 所:東京・永田町のヨーロピアンダイニング「Bitte」
参加費:お一人様4,700円

内容:葡萄屋が厳選したピノノワールをフリーティスティング形式でお楽しみいただきます
また日見シェフ特製のホロホロ鳥のロースト料理をお召し上がりいただきます

※30名様の予約制です。必ず、下記アドレスにメールにてご予約ください
info@budouya.jp
本詳細はコチラ
http://www.budouya.jp/user_data/wine_event/index.html

iモード開催場所は以下URLをご覧ください。
http://www.bittebitte.jp/access/

バーご予約方法バー
ご参加には事前予約が必要になりますので、ご参加をご希望の方は、お名前とお申込の人数を明記のうえ、
mail toinfo@budouya.jp
からお申し込みください。

ご予約は上記アドレスにメールを頂き、当方からの返信をお受け取りいただいた段階で確定となります。返信は2日以内にお送りしております。返信が来ない場合、私どもにメールが届いていないことがありますので、再度メールしていただくか、お電話でご確認ください。

目過去の試飲会の様子はこちらでご覧いただけます。
http://www.budouya.jp/user_data/wine_event/report19.html


世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2011年02月09日

『ニッチなワイン会』@恵比寿のお知らせです

何年になるかなぁ〜〜〜

まだ、CREWになりたての頃、料理好きの友人に連れられて、イタリアンのお料理教室の体験入学に行きました。
こじんまりした学校で、しょっちゅうスケジュールが変わる私には、振り替えが聞いてもらえることが魅力で入会しました。

それから、10年近く???
こんなに長い付き合いになるとは思ってもみませんでした。
ソムリエもこちらの先生に教えていただいて取得したし、こちらの企画で行った旅行でダーリンと知り合って結婚したし、なんていうか、私の人生とは切っても切れない・・・
そんな感じの学校です。

それがポケットワインサロン@恵比寿です。

そちらで、私達『葡萄屋』がチョイスした15カ国の様々な種類のワインを召し上がっていただけるワイン会を催してくださることになりました。

ポケットパーティー 『02月26日(土) 2011年ニッチなワイン会』詳細はこちら 

先生の作るおいしいお料理も味わえますので、お楽しみに!!

教室までのアクセスはこちら

当日は、私もワインの説明に伺う予定ですので、声をかけてくださいねわーい(嬉しい顔)

世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

イタリアワインの会 ご報告

今年、第一回目のワイン会は私の愛するイタリアワインの会でするんるん

自称イタリア人の私が、あれこれ口出ししてチョイスしたワインを皆様にお召し上がりいただきます。皆様の反応がいかがなものか、ちょっと不安、ちょっと楽しみです。
DSC00176.JPG

今日のマリアージュを楽しむ料理はうさぎさんぴかぴか(新しい)
なかなか、日本では食べる機会の少ない食材ですが、今回はシェフがじっくり煮込んで食べやすくお料理してくれています。
たのしみぃ〜〜黒ハート
DSC00183.JPG

今回はリキ入ってますので、全部、紹介しちゃぉ〜〜〜

1.マニカルディ ランブルスコ(エミリア・ロマーニャ州)※辛口発泡ワイン

ひらけた感じの力強く香ばしい香り。風味豊かな微発泡性辛口タイプ。
ランブルスコというと、なんとなく甘口のイメージが強いですが、この子はすっきりとしていて、口当たりが良く飲みやすい感じです。


2.アルファゼータ"S"ソアーヴェ(ヴェネト州)

明るく輝きのあるイエロー、アーモンドの花の香が感じられるフレッシュでクリーンなアロマ。
イタリアの白ワインの銘柄で初めて名前を覚えた記念すべき白ワイン。特にこの子はすっきり感と程好い果実味がたまりません。コストパフォーマンスの良さも魅力的です。


3.ナエリ・ヴェルメンティーノ(サルディーニャ州)

サルディーニャ伝統のワイン造りで定評ある造り手ドリアノーヴァの芳醇な白ワイン!
初めて、この子に出会った試飲会のことは今でも忘れません。ほんのりとした塩味。目をつぶると海を感じます。アサリやえび、いか、たこなど海鮮とはバッチリ!!
そうexclamation×2飲んだ瞬間、お料理が浮かんでくるワインはいいワイン。
それが、私のモットー
なのに、なかなか買ってもらえない・・・説明が悪いのか、インパクトが足りないのか・・・
それが、私の悩みですもうやだ〜(悲しい顔)


4.フラスカティ スーペリオーレ セッコ(ラツィオ州)

輝きを帯びた麦藁色、新鮮なフルーツの強く華やかな香りが心地よく、酸と果実味がマイルドに調和した爽やかな飲み口
物によっては、水っぽかったりもするフラスカティ。
この子はバランスも良く、果実感も充実しています。ワイン初心者の方にも飲みやすいと思います。
DSC00180.JPG

5.モンテ・ヴェルディ ネロ・ダーボラ(シチリア州)

ネロ・ダーボラの個性を正直に現した深いルビーの色合いがあり、なめらかな舌触りとバランスが取れた味わいのシチリアらしい赤ワインに仕上がっています
シチリアに新婚旅行に行ったとき、長旅でぐったりしていた私達にホテルのソムリエさんが選んでくれたワインがネロ・ダーボラ。そのおいしさに、疲れも吹っ飛び、それ以来、飲んだワインはほとんどネロ・ダーボラというくらい、ほれ込んだ銘柄です。
なのに、日本にはあまりおいしいのないんですよねぇ〜たらーっ(汗)


6.キャンティ デル・バローネ・リカーゾリ(トスカーナ州)

濃いルビー色。エレガントなスミレの香り。ベルベットのように滑らかで官能的な舌触りと味わい。深い味わいの”キャンティ”として仕上がっています。
ピンきりと言われるキャンティ。この子は、重たすぎず、軽すぎず丁度いい感じです。ラベルも美しいので、贈り物にも良いですね。


7.ポッジョ・レ・ヴォルピ プリミティーヴォ(プーリア州)

しっかりとしたタンニンが程よく、滑らかな口当たりで清涼感あるクリーンな仕上がりはプリミティーヴォの力強さがよく表現された上質な味わいです
ジャムのような甘みのある果実味が特徴。
私の大好物です。


8.カサーレ・ヴェッキオ モンテプルチアーノ・ダブブッツォ(アブルッツォ州)

「神の雫」で16,000円のワインに負けない!!と絶賛された、イタリアで3年連続で最優秀生産者賞を受賞のファルネーゼの赤ワイン
ま、間違いなくおいしい子です。(あれ、説明に気合が足りない??)


9.ペリッセロ バルバレスコ”ヌビオラ”(ピエモンテ州)

熟した果実実やハーブを思わせるフルーティで花のような香り。ベルベットのように柔らかな舌触りで、熟した葡萄独特の甘みが口に残ります
どちらかと言うと柔らかな印象。
ドッシリ重い、というより、余韻が長く、少しでキャンタするだけで、香りが華やかになり熟成感が増します。ま、2007年、私を起こさないで失恋という声が瓶の中から聞こえてきそうですね。


10.リモンチェッロ・ディ・カプリ(カンパーニャ州)

つくり方はいたってシンプル。レモンの皮を純度の高いアルコールで1〜2週間醸し、皮を濾した後、シロップで割って出来上がり。アルコール度数32%。
イタリアで食後酒といったらコレ!(あくまで、私の個人的意見ですが・・)
いつも、リストランテで瓶を1本抱えて飲んでましたよあせあせ(飛び散る汗)
食前にはソーダ割り、食後にはストレート、又はロックがよろしんでないかと。
DSC00181.JPG

うさぎさんもとってもおいしかったです
DSC00187.JPG

あまりに説明に力が入りすぎて、人気投票を忘れそうでしたが、
1位8.カサーレ・ヴェッキオ モンテプルチアーノ・ダブブッツォ(アブルッツォ州)

2位4.フラスカティ スーペリオーレ セッコ(ラツィオ州)

3位3.ナエリ・ヴェルメンティーノ(サルディーニャ州)

3位9.ペリッセロ バルバレスコ”ヌビオラ”(ピエモンテ州)

この結果を聞いて、涙出ましたよ〜〜るんるん
やっと、私の意見の正しいことが実証されました。

ナエリに今まで見向きもしなかった皆さん!
是非、一度お買い求めくださいぴかぴか(新しい)
間違いないから!!!iモード(枠付き)



世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2011年01月28日

2月5日(土)イタリア10州のワインとうさぎ料理のマリアージュの会 ご案内

2011年第二弾は私の大好きなイタリアワイン黒ハート

自称イタリア人の私が責任を持って、チョイスしたイタリアワインをお楽しみください!!

イタリアは土着品種のオンパレードるんるん
様々なお料理に合う、様々な味わいが楽しめるのがイタリアワインの魅力です。

この機会に、イタリアワインの魅力にどっぷりはまってみませんか??わーい(嬉しい顔)

今、人気急上昇中のランブルスコ、
酸味豊かで私の大好きなソアヴェ
サルディーニャのほんのり塩気を感じるヴェルメンティーノ

赤は神の雫でも評価されたモンテプルチアーノ、
バローロよりこっちが好き(私の勝手な意見です)バルバレスコ

食後にはカプリの青い空を感じるリモンチェッロ
などなど、私の独断と偏見が入りまくりのイタリアワインたちが皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

マリアージュを楽しんでいただくお料理は干支に合わせて『うさぎ』さん手(チョキ)
独特の香りのあるお肉ですが、イタリアの赤ワインとは良く合うと思います。

思わず、つばをごっくんと飲んでしまったあなた、
ご予約はお早めに〜〜〜

日 時:2011年2月5日(土)
時 間:15:00〜17:00
場 所:東京・永田町のヨーロピアンダイニング「Bitte」
開催場所の地図はこちら
参加費:お一人様4,300円

内容:葡萄屋が厳選したイタリア10州10種類のワインをフリーティスティング形式でお楽しみいただきます
また日見シェフ特製の兎(うさぎ)料理(モモ肉の煮込み)をお召し上がりいただきます

詳細はこちらから
イタリア10州の厳選ワイン&兎(うさぎ)料理のマリアージュの会 概要

ご参加ご希望の方は
info@budouya.jp
までご連絡お待ちしています。


世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2011年01月27日

四川料理とフルボディの赤ワインとのマリアージュの会 ご報告

ブログを書いていない間に、今年の第一回ワイン会は終わってしまいました。
すいません。

西麻布の『麻布長江』さんで四川料理とフルボディの赤ワインのマリーアージュの会を行いました。
とても素敵なお店で、インテリアや雰囲気も落ち着いていてゆっくり楽しめるお店です。
DSC00113.JPG

オープンキッチンで、思わず作っているところをのぞいてしまいます。
DSC00125.JPG

前菜は盛りだくさん
天使のえび、蜂の巣、など四川のテイスト満載です。
DSC00133.JPG

メインはお肉。
花椒がピリリときいた牛肉の煮込み。うま〜〜〜い
DSC00131.JPG

しめは中華ちまき。オリジナルのラー油が入っていて、もちもち食感がたまりません
DSC00137.JPG

デザートの杏仁豆腐
DSC00141.JPG

盛り付けも美しく、味わいはもちろんサイコー!!
意外な赤ワインとのマリアージュにお出でいただいたお客様もご満足のようでした。
DSC00112.JPG

今回のワインの中で、意外だったのが『ペッパーウッド・グローヴ ジンファンデル』
DSCN3878.JPG
カリフォルニアワインが苦手(ソムリエのクセにねぇ〜〜)、しかもジンファンデルにはあまりいい思い出がない私。土臭くって、なんかねぇ〜と。
でも、この子は上品で嫌な臭みがなく、タンニンもトゲトゲしていず、なんとも飲みやすい。

ただ、あのドッシリ、重たいジンファンデルがお好みの方には物足りないかも・・・です。

あと、
クルビス・ルージュSULA シラーズ。この子達は、スパイシーな四川とぴったり!!

中華とあわせるなら、この2本はお勧めです。

お出でいただいたお客様の人気投票BEST3は下記の通りです。

1位:ヤルデン・メルロー 投票数5名
エレガントな飲み口は、さすがヤルデン!!という感じでした。
DSCN2989-1.jpg

2位:シャトー・ヴァランタン 投票数4名
ボルドーが2番目の人気。やっぱり、フランスはかたいですね
DSCN0069-3.jpg

3位:ブラハム・カベルネソーヴィニヨン 投票数3名
ダーリンイチオシのカベルネです。パワフルなワインがお好きな方に!
DSCN2877-1.jpg


世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2010年10月03日

10月の試飲会はシラー飲み比べ!!

もうおなじみになりました、葡萄屋とBitteのコラボ試飲会もおかげさまで第15弾となりました。
いつも、ご参加いただいております皆様、誠にありがとうございます。
DSCN3387.JPG

日に日に秋の気配も濃くなり、赤ワインが恋しい季節となりました。
うちのダーがやりたくて仕方がなかった、でも、国が10カ国揃わなかった、品種・・・・

それが、シラーです!!

世界中で作られている割には、なかなか揃わなかったシラーさん。
ちょっと前に数えてみたら、なんだ10カ国超えてるじゃ〜〜〜んるんるん

赤ワインばかりではなんだと、私が強引に入れ込んだタイのホワイトシラー(ロゼ)、ローヌの巨匠と言われるアラン・グライヨが手がける
モロッコのタンデム、オーストラリアといえばシラーズでしょ!、などなど、様々なラインナップをお楽しみいただけるかと思います。

お料理は日見シェフ真骨頂!!
手作りソーセージやハムをあわせていただきます。
ソーセージイメージ画像1-1.jpg

先に言っておきますが、本当においしいですよ。
ここのソーセージ黒ハート

皆様のご参加を心よりお待ちいたしておりますわーい(嬉しい顔)

かわいい世界10カ国のシラー(シラーズ)ワインと自家製ハム・ソーセージ料理のマリアージュの会かわいい

日 時:2010年10月30日(土)
時 間:15:00〜17:00
場 所:東京・永田町のヨーロピアンダイニング「Bitte」
参加費:お一人様4,200円

※30名様の予約制です。必ず、下記アドレスにメールにてご予約ください
info@budouya.jp

電車開催場所は以下URLをご覧ください。
http://www.bittebitte.jp/access.html

fax to詳細はコチラ
http://www.budouya.jp/user_data/wine_event/index.html

時計ご予約方法
ご参加には事前予約が必要になりますので、ご参加をご希望の方は、お名前とお申込の人数を明記のうえ、
mail toinfo@budouya.jp
からお申し込みください。

ご予約は上記アドレスにメールを頂き、当方からの返信をお受け取りいただいた段階で確定となります。返信は2日以内にお送りしております。返信が来ない場合、私どもにメールが届いていないことがありますので、再度メールしていただくか、お電話でご確認ください。



世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2010年09月27日

<<世界10カ国の土着品種のワインとポルチーニのマリアージュを楽しむ会>>報告

去る土曜日、永田町のBITTEにて、<<世界10カ国の土着品種のワインとポルチーニのマリアージュを楽しむ会>>が催されました。

朝のうちは、結構な雨模様でしたが、午後になると快晴に晴れ
日ごろの行いでしょうか・・・わーい(嬉しい顔)

今回は土着品種と言うことで、様々な品種が揃いました。
私も初めて聞く品種満載で、皆様にご説明申し上げる資料を作るだけで、ヘトヘトになりました・・・
おかげで、皆様には興味深く読んでいただけたようで、良かったです。

航空便でやっと間に合ったポルチーニは迫力満点です
DSCN4001.JPG

今回お出ししたワインはこちらです。(【】はブドウ品種)
DSCN3999.JPG

1.スペシャル・リザーヴ フェテスカ・レガラ(ルーマニア・白)
DSCN9901_edited-1.jpg
【フェテスカアルガ種】・・同国で古くからある在来種。別名「王家の乙女」
【グラサデコナリ種】・・トランシルバニア地方の特有品種

2.アフロディーテ(キプロス 白)
DSCN2641.JPG
【ジニステリ種】・・黒ブドウ品種のマヴロ種と共に天日干しし、コマンダリアの原料としても使用される

3.パダチョニ・ケークニェリュ(ハンガリー 白)
DSCN9903_edited-1.jpg
【ケークニェリュ種】・・ワインの産地としても有名なバラトン湖の北岸に位置するパダチョニ地方でのみ生産されている品種

4.エトナ・ロッソ(イタリア 赤)
DSCN3975-1.jpg
【ネレッロマスカレーゼ種】・・イタリア・シチリア島原産のブドウ品種 
【ネレッロカブッチョ】

5.マインクラング ツヴァイゲルト(オーストリア 赤)
DSCN1604-1.jpg
【ツヴェイゲルト種】・・ブラウフレンキッシュ(Blaufränkisch)とサン・ローラン(St. Laurent)の交配種 

6.カステロ・ダルバ レゼルヴァ・ドウロ・ティント(ポルトガル 赤)
DSCN3434-1.jpg
【ティンタ・ロリス種】・・スペインのテンプラリーニョの別名
【トゥリガ・フランガ種】・・ポルトガルの伝統的なブドウ品種 
【トゥリガ・ナシオナル種】・・ポルトガル黒ブドウ品種で最上位品種

7.クティマ ゴファス ネメア(ギリシャ 赤)
DSCN3971-1.jpg
【アギヨルギティコ種】・・ギリシャ神話の中でヘラクレスの生誕の地とされるネメアで生産されている品種

8.カルマ(トルコ 赤)
DSCN3860-1.jpg
【ボアズケレ種】・・アナトリア半島の高原地帯で生食用とワイン用のぶどう
【メルロー種】

9.ブラハム・ピノタージュ(南アフリカ 赤)
DSCN0258-1.jpg
【ピノタージュ種】・・ピノ・ノワールとサンソーの交配から生み出された南アフリカの品種

10.カラスコ ロブレ・タナ(ウルグアイ 赤)
DSCN3691.JPG
【タナ種】・・フランス南西地方とウルグアイで生産される品種


名前を聞いただけで、頭が痛くなりそうですが、今回は私達も初めて飲むワインが何種かあり、とても楽しみです黒ハート


前菜は野菜のゼリー寄せとカナッペ。
白ワインと良く合います。
DSCN4004.JPG
ポルチーニたっぷりのパスタ。
クリーミーでおいしそう・・・
でも、私的には、ちょっとドライのポルチーニを混ぜていただくほうが香りもたって美味しいかと。あの、鼻をくすぐるポルチーニならではの香りはドライのほうが強いですもんね。
DSCN4005.JPG
網焼きのポルチーニの厚切りがのったポークのグリル。
う〜〜〜ん食べたい・・・・
DSCN4007.JPG
上記のお料理はBITTEでもお召し上がりいただけますが、フレッシュポルチーニは数に限りがありますので、どうしても食べた〜〜〜〜いという方はご予約くださいませ。


今回のワインの中で気になったのは、7番のクティマ ゴファス ネメア(ギリシャ 赤)。
なかなかの果実味とボディです。
ちょっとクセがあって、私好みです。

そして、あまりコレ好き〜〜〜という声は聞こえませんでしたが、2番のアフロディーテ(キプロス 白)前々から、このワインは大好きでしたが、改めておいしいな〜と。
酸味があるワインでもOKという方にはお勧めですよ。
マリネや寿司酢と相性抜群でするんるん

イタリア人的(←自称ですがたらーっ(汗))にはエトナ・ロッソに大期待でしたが、ちょっと想像していたものとは違ったかな。
イチゴのようなフレッシュな香りはボージョレを思い起こさせます。
ただ、時間が経つと変わってくるので、前菜から通して飲むのにはいいかも。
酸味があるので、トマト系やシチリアでよく食べられるいわしに味をつけたパン粉をくるんで焼いたものなどに良く合いそうです。


お客様が選んだBESTワインはこちら
1位:カルマ 投票数8名
トルコの高級赤ワイン、カルマ。
葡萄屋でも初めて今回取寄せました。
トルコは土着品種が多く、総じて軽やかな味わいのワインが多いですが、
このカルマは力強く、さすがに最高級のクラスの風格があります。
ラベルも秀逸なデザインで、存在感抜群でした。


2位:カステロ・ダルバ レゼルヴァ・ドウロ・ティント 投票数5名
スペインのテンプラニーリョと、ポルトガル在来種2種を使った赤ワインです。
まったりとした果実味が土着っぽさを感じさせてくれます。


2位:スペシャル・リザーヴ フェテスカ・レガラ 投票数5名
ルーマニアのフェテスカアルガ、グラサデコナリを使った軽やかな味わいの辛口白ワイン。今回は乾杯で使用しました。
「飲み口がさわやかで飲みやすい」
「複雑味がないかもしれないけど、このチャーミングさとくせのなさが大好きでです」
など、気取らない味わいが人気でした。


2位:パダチョニ・ケークニェリュ 投票数5名
今回は1997ヴィンテージと2000ヴィンテージを試飲いただきましたが、
熟成された香りと余韻にうっとり。
天皇皇后両陛下がハンガリーでの晩さん会で供されたという逸品が、
ハンガリーのパダチョニ地方で造られる白ブドウ品種。
このワイン、日本への輸入が終わり、最後の2本でした。


カラスコはとっても美味しかったのですが、人気上がらずでした。
私が思うに、ピノタージュのあとに来るワインということで、皆様がフルボディの重いのを想像していらしたのではないかと感じました。
上品で、時間の経過と共に味わって頂きたいワインなので、試飲会などすぐに飲んでしまうのにはもったいなかったかな・・・と。
ぜひ、時間をかけて味の変化と奥行きある余韻をお楽しみいただければと思います。


今回もワインの順番という課題を与えられてしまったなと・・・


来月は10月30日(土)世界10カ国のシラーの飲み比べの予定です。
お楽しみに〜〜〜



世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2010年08月31日

10品種の白ワインの会 ご報告

暦の上では、とっくに秋というのに、本当に暑いですね。
姫様はベランダプールが日課になっております。
子供はいいなぁ・・ なんて。


さて、さて、先日、恒例のBitte&葡萄屋 コラボ試飲会が行われましたので
そちらの報告をさせて頂きたいと思います。
DSCN3663.JPG

陽がさんさんと降り注ぐ土曜日の午後、猛暑の中、ご予約いただいた皆様にお出でいただきました。
ありがとうございますわーい(嬉しい顔)

非常に暑かったため、氷を入れても中々冷えず、何度も水を出して、氷を入れるという作業が必要になりました。
皆さまにお出しする頃には、なんとか冷えて、ほっぴかぴか(新しい)としました
DSCN3664.jpg


今回は10カ国の10品種というテーマでした。
1.デ・ジャヴ ピノ・グリージョ(アメリカ・カリフォルニア産)
2.スパイ・ヴァレー ソーヴィニヨンブラン(ニュージーランド産)
3.マインクラング グリューナー・フェルトリナー(オーストリア産)
4.クルビス ソルタン・ブラン(チュニジア産)・・マスカット・オブ・アレキサンドリア
5.
アルベット・イ・ノヤ シャレロ・クラシック(スペイン産)
6.リンゲンフェルダー ゲヴェルツトラミナー Q.B.A.(ドイツ産)
7.テュルクハイム アルザス・リースリング(フランス産)
8.アヴァンティス・エステート マラグジア(ギリシア産)
9.ポールクルーバー シャルドネ(南アフリカ産)
10. ポディウム(イタリア産)・・ヴェルメンティーノ


2番のスパイヴァレーはニュージーランドなマールボロ地方のもので、ソーヴィニヨン・ブラン大好きな私の個人的なイチオシです。
日本ではマールボロのソーヴィニヨン・ブランはけっこうお高めなので、昔、フライトでNYに行ってた頃には買いだめしてきたものです。
なぜか、NYでは安く買えたんです。
日本の方が近いのに、変なの・・・
DSCN0569-1.jpg

この中で、私が飲んで美味しかったのは10番のボディウム
さすが、イタリア!!
(心はイタリア人なもので、身贔屓がすごいんです・・・あせあせ(飛び散る汗)
初めのアタックのふくよかさ、奥行きのある果実味と酸のバランス、余韻の長さ・・・
どれも、とても素晴らしい出来です。
お値段もなかなか素晴らしいので、特別な日にお薦めしたい一本です。



と、私の個人的な意見はこの辺にして、皆さまの人気ランキングは以下の通りです。

1位:スパイバレー・ソーヴィニヨン・ブラン 投票数12名
2位:リンゲンフェルダー ゲヴェルツトラミナー Q.B.A. 投票数6名
3位:ポールクルーバー シャルドネ 投票数5名
4位:ポディウム 投票数4名

やはり、皆さま、定番のシャルドネソーヴィニヨン・ブランがお好みのようです・・・
頑張れ!!新世界!!
負けるな!!その他の品種!!!

DSCN3674.jpg


次回は9月25日(土)15:00〜
土着品種とポルチーニの会です

まだまだ、あなたの知らない世界の品種がたくさんありますよ!
ワインはシャルドネやカベルネだけじゃない!!
そんな、ニッチな魅力も感じて頂けると思います

合わせるお料理はイタリアのマツタケ『ポルチーニ茸』!!
フレッシュなものが食べられるのはほんの一時期だけの、貴重なキノコです。
かくいう私も大好物!
次回は客席にいるかもしれません・・・ ムフフるんるん


世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2010年08月22日

世界10カ国・10品種の白ワインの会のご案内

こりゃまた、ご案内が遅くなりましたが、今週の土曜日(28日)に恒例のBitteでの試飲会が行われます。
DSCN3204.JPG

今回は世界10カ国・10品種の白ワインの会!!
いままでは、シャルドネソービニヨン・ブランなど、単一品種の飲み比べが多かったのですが、今回は全て品種も国も異なる白ワインを飲み比べて頂きたいと思います!

そんな品種もあるの???

と思って頂ける品種もありつつ、様々な香り味わいを楽しんで頂きたいと思いますので、是非、ご参加くださいませ。

詳しくは『葡萄屋』のご案内ページをご覧くださいませ。
コチラから・・・

日 時:2010年8月28日(土)
時 間:15:00〜17:00
場 所:東京・永田町のヨーロピアンダイニング「Bitte」
参加費:お一人様3,900円

内容:世界各国10種類の白ブドウ品種を1種類ずつ、ビュッフェ形式のお料理とともにお楽しみいただきます。
※30名様の予約制です。
試飲会のご参加には事前予約が必要となりますので、ご希望の方は、
メールにお名前とお申込みの人数をご記入の上、info@budouya.jpまでお申し込みください。


皆さまのご参加をお待ち致しております


世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2010年07月27日

【世界10カ国のスパークリングワインとマンガリッツァ豚を楽しむ会】ご報告

とてもとても暑かった先週の土曜日あせあせ(飛び散る汗)
永田町のBitteで【世界10カ国のスパークリングワインとマンガリッツァ豚を楽しむ会】が催されました。
DSCN3383.JPG

本当に暑い、、いや熱い一日でしたが、ご予約いただいた皆様にご参加いただきました。

イタリアのスプマンテで乾杯後、世界各国のスパークリングワインをお楽しみいただきました。
DSCN3381.JPG


日見シェフ自慢のマンガリッツァ豚は3つの部位を食べ比べていただきました。

ロースはさっぱりワインビネガーのドレッシングで・・・
サッパリしていて、夏向きの一品。
スパークリングワインとも相性抜群です
DSCN3395.JPG

肉厚のベーコンはとてもジューシーです
DSCN3396.JPG

肩ロースのローストはガッツリ系の男性陣も大満足でした。
DSCN3399.JPG



ぴかぴか(新しい)今回のスパークリングワイン人気順位を発表します!!

1位:ケー・ド・クルビス ロゼ 投票数7名
輸入元の石坂さんは「ロゼが1本だけだったからですよ〜」なんて、謙遜していましたが、実力ですよ〜〜
なんというか、イチゴっぽいニュアンス有り、わずかな苦味有り、奥行きのある果実感が素晴らしかったですね。

2位:カバデル・プリンシペ・ドライ 投票数7名
いくつかのワイン専門誌でも高評価のこのカヴァですが。
コストパフォーマンスの良さが皆様に認められた結果のようです。
クリーミーな発泡は、やさしくもしっかりしていて、やっぱり美味しかったです


3位:グローヴ・ストリート・スパークリング 投票数5名
シャルマ方式だけあって、やや発泡が粗い感じがありましたが、
ほんのり甘く、ぶどうそのものの果実味などはとても飲みやすく、女性には人気のある味わいです。
私にはちょっと甘いかな・・・


3位:クローヌ・ボレアリス・ブリュット 投票数5名

私の大好きなクローヌ・ボレアリス・ブリュットが皆様に認めていただいて、嬉しいです黒ハート
酸化防止剤アレルギーの奥様のために、作った酸化防止剤不使用のスパークリングワイン。
愛を感じます黒ハート

この他では、エスターハージーのブランド・ノワールのうっすらピンクな色合いが、なんともはかない感じがして、素敵でした・・・わーい(嬉しい顔)
大好きな方と是非、召し上がっていただきたいなと・・・

DSCN3409.JPG

店長ブログにも詳しく載っておりますので、ご覧くださいませ。


次回は、10種の品種で楽しむ10カ国の白ワインの予定です!
どうぞ、お楽しみに〜〜〜



世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2010年07月02日

【食べられる国宝】マンガリッツァ豚と世界10カ国のスパークリングワインのマリアージュを楽しむ会

毎回、好評をいただいております『Bitte』と『葡萄屋』のコラボ試飲会ぴかぴか(新しい)
たくさんの皆様にご参加頂き、おかげさまで第12回目となりました。

ここ数ヶ月、会にご参加いただいた皆様にアンケートへのご協力をいただいておりましたが、その中でも『スパークリングワインを飲みたい!!たくさん飲み比べたい!』との声をたくさんいただきました。
皆様のご期待に応えて、世界10カ国から選りすぐられたスパークリングワインを飲みつくしていただきたいと思います牡牛座

シャンパーニュを筆頭に、カリフォルニア、イタリア、オーストリア、南アフリカ、ルーマニア、インドのスパークリングワインをお出しする予定です。

そして、選ばれしスパークリングワインとあわせていただくのは、ハンガリーの国宝『マンガリッツァ豚』るんるん
今回はロース、肩ロース、バラ肉の3種の部位を食べ比べていただきます。
日見シェフがその日の天気、気温を見て、美味しく召し上がっていただく最善の方法で調理いたします晴れ
どんな料理が出てくるか、どうぞお楽しみに〜〜

レストラン開催概要レストラン
日時:2010年7月24日(土)
時間:14:30〜16:30
場所:東京・永田町のヨーロピアンダイニング「Bitte」
参加費:お一人様4,900円

内容:葡萄屋が厳選した世界10カ国のスパークリングワインをフリーティスティング形式でお楽しみいただきます
ビッテ日見シェフ特性のマンガリッツァ豚のフルコースをお召し上がりいただきます

マンガリッツァ豚1-1.jpg
注)お料理はテーブル毎での取り分けスタイルです。各人への提供ではございませんので、ご了承ください。
(※写真はイメージ画像です)


レストラン  バー  レストラン  バー  レストラン  バー

  マンガリッツァ豚のフルコース(内容は予定です)

  Bitte特製 ハムとチーズ 前菜の盛り合わせ

   マンガリッツァ豚 ロースのサラダ仕立て
   マンガリッツァ豚 バラ肉の自家製ベーコン
   マンガリッツァ豚 肩ロースのロースト

        本日の一口デザート

レストラン  バー  レストラン  バー  レストラン  バー

※30名様の予約制です。必ず、下記アドレスにメールにてご予約ください
info@budouya.jp

メモ開催場所は以下URLをご覧ください。
http://www.bittebitte.jp/access.html

fax to詳細はコチラ
http://www.bittebitte.jp/eve_wine_shiin.html

時計ご予約方法時計
ご参加には事前予約が必要になりますので、ご参加をご希望の方は、お名前とお申込の人数を明記のうえ、
mail toinfo@budouya.jp
からお申し込みください。

ご予約は上記アドレスにメールを頂き、当方からの返信をお受け取りいただいた段階で確定となります。返信は2日以内にお送りしております。返信が来ない場合、私どもにメールが届いていないことがありますので、再度メールしていただくか、お電話でご確認ください。


シュワッと広がる泡がマンガリッツァ豚の上品な脂をさらっと流してくれることでしょう・・・

他では決して味わえない、このマリアージュを、是非お楽しみくださいるんるん


世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ


2010年06月30日

ホワイトアスパラガスとシャルドネのマリアージュを楽しむ会 <ご報告>


先週の土曜日、永田町のBitteにて試飲会が催されました。
DSCN3214.JPG

小雨がたまに降るお天気でしたが、ご予約の皆様にお出でいただきました。
暑い一日だったので、なかなかワインが冷えませんでした。
氷をたっくさん入れましたが・・・・
ギリギリでしたねぇ。冷えるまで。
DSCN3204.JPG

bitte特製のハム、チーズの前菜盛り合わせをスターターに
オランダ産の極太ホワイトアスパラガスが続々登場です
DSCN3219.JPG

ホワイトアスパラガスとサーモンの冷たい前菜
DSCN3206.JPG

二種のアスパラガスのパスタ
DSCN3216.JPG
クリーミーで大好評でした。

メインディッシュはボイルしたホワイトアスパラガスのオランデーズソース
DSCN3229.JPG
ローストポーク添え
DSCN3221.JPG

どのお料理もボリューム満点で、大好評でした。

そして、シャルドネですが・・・
DSCN3235.JPG

1.ドメーヌ・クリペア・シャルドネ09(チュニジア産)
2.ミスト・オブ・サフヤドリ シャルドネ08(インド産)
3.タラス シャルドネ09(カリフォルニア産)
4.ビザンチウム シャドネ06(ルーマニア産)
5.ヤルデン シャルドネ07(イスラエル産)
6.アルファ・ゼータ ’C’シャルドネ08(イタリア産)
7.バルディビエソ シャルドネ レゼルバ07(チリ産)
8.リンカーン・エステイト シャルドネ08(オーストラリア産)
9.アマニ シャルドネ・リザーブ06(南アフリカ産)
10. ジルベールピク・シャブリ・ヴィエユヴィニーユ・キューブ06(フランス・ブルゴーニュ産)


「今日のあなたのNO.1ワインは?」のアンケート結果は以下の通りでした。

1位:タラス シャルドネ 5名
濃密ながら飲み口の良いニューワールド系シャルドネの典型。
都内ワインバーのソムリエ絶賛のコストパフォーマンス抜群の1本。
これは美味しい!の声多くいただきました


1位:ヤルデン・シャルドネ 5名
圧倒的なボリューム感のある白桃のような果実味とシャープな酸が人気。
イスラエルで人気急上昇中のヤルデンシリーズの中心的ワイン。
樽の香りと果実味が堪りません。


1位:アルファゼータ”C”シャルドネ 5名
トロピカルフルーツと酸のバランスが絶妙な味わい。
クリーミーでエレガント。飲みごたえがあって、まったりしすぎない。


4位:バルディビエソ シャルドネ・レゼルバ 3名
ナッツやバターの香りも漂うレゼルバクラスの高級シャルドネ。
レゼルバクラスとはいえ、1000円台で買えるのがチリ産の素晴らしいところ。
樽香のかかった辛口白ワインが好きな方にお勧めです


惜しいことに、ジルベール・ピクのシャブリのコンディションがあまり良くなく、本来の味わいをお召し上がりいただけませんでした。
本当に残念バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

あと、今回は順番どおりに召し上がる方が多かったのですが、テイスティングシートの順序がイマイチ(←ちょっとクレーム?)でワイン自体の実力を感じづらい部分もあった気がします。

やっぱりワインは飲む温度、飲む順番がとても重要!!
しっかり反省して、次回に備えたいと思います。

ちなみに、私は意外や意外、インドのサフヤドリのシャルドネが美味しかったです。
マニアックすぎ??? 笑



世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2010年06月20日

【ホワイトアスパラ・フルコースと世界10カ国のシャルドネ マリアージュを楽しむ会】のご案内

あれ?4月にもやったんじゃない?
と、思われた方・・・
そ〜〜〜なんですあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

4月の会の直前、アイスランドでの噴火の火山により、ヨーロッパの航空便は大混乱飛行機
届くはずだったオランダ産のホワイトアスパラガスが届かず、泣く泣く国産で代用したのでした・・・

で、今度こそ!!
ってことで、もう一度この企画を催させて頂くことになりました。
合わせるワインは、世界10カ国のシャルドネ!!

暑くなってきましたし、キリリと冷やして、皆さまに飲み比べて頂きますよ手(グー)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
as_04.jpg

メニューはこちら
wine0626.jpg

日見シェフも気合を入れて下さってますので、どうぞお楽しみにるんるん

日時:  2010年6月26日(土)  14:30〜16:30
場所:  永田町のヨーロピアンダイニング「Bitte」
       東京メトロ銀座線・南北線 溜池山王駅 5番出口 徒歩2分
       東京メトロ丸の内線・千代田線 国会議事堂駅 5番出口 徒歩2分
       東京メトロ有楽町線・半蔵門線・南北線 永田町駅 6番出口 徒歩7分
参加費: お一人様5,900円
     
※30名様の予約制です。必ず、下記アドレスにメールにてご予約ください
info@budouya.jp


目開催場所は以下URLをご覧ください。
http://www.bittebitte.jp/access.html

イベント詳細はコチラ
http://www.bittebitte.jp/eve_wine_shiin.html

バーご予約方法バー
ご参加には事前予約が必要になりますので、ご参加をご希望の方は、お名前とお申込の人数を明記のうえ、
メモinfo@budouya.jp
からお申し込みください。

ご予約は上記アドレスにメールを頂き、当方からの返信をお受け取りいただいた段階で確定となります。返信は2日以内にお送りしております。返信が来ない場合、私どもにメールが届いていないことがありますので、再度メールしていただくか、お電話でご確認ください。


世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2010年05月30日

南アフリカ10種のワイン会 ご報告

29日の土曜日、永田町のBitteにて『南アフリカの旨い10種のワインを飲みつくす会』を開催いたしました。
DSCN2977.JPG

価格も味わいも様々な個性ある10本が勢ぞろい!
肌寒いくらいのワイン日和だったこともあり、ご予約の皆様全員にご参加いただきました。
ご参加の皆様、ありがとうございました!

南アフリカをご提供いただいた潟}スダの三宅さんにワインのご紹介を頂き、ワインの由来や裏話を教えていただきました。
皆様、身を乗り出して聞いていらっしゃいました。
DSCN2975.JPG

乾杯は私のイチオシ
クローヌ・ボレアリス ブリュット!
上々の人気でした!

その後、フリーテイスティングにて白ワイン4種・赤ワイン5種を堪能していただきました。
DSCN2988.JPG


それでは、人気の順位を発表いたしまするんるん
1位  アマニ メルロー
黒人女性初のワイン醸造家!デリケートで滑らかです。
『葡萄屋』ではこれから発売の予定です!

2位は2本
@ クローヌ・ボレアリス ブリュット
酸化防止剤アレルギーの奥様のためにご主人が作った1本。
シャンパーニュと間違うほどの味わいです!

A アマニ シャルドネ
余韻が長いのが特徴!柑橘系の中に香ばしさやバニラなどの香りが漂う、かなりの本格派!
私も一口でトリコになりましたわーい(嬉しい顔)

4位は3本
@ ムーンライトオーガニックス シュナンブラン&ソーヴィニヨン・ブラン
1050円という低価格なのに、オーガニック
味わいもバランスも素晴らしい!
フェアトレードにも参加しているステラ社の1本です

A ポールクルーバー シャルドネ
樽香やナッツ香が豊か
カリフォルニアワインのような、濃厚なニュアンスが好きな方ははまりますよ!

B スローワイン メルロー
やわらかいタンニンがとてもスムースな印象を与えます。
デイリーにいただける1本です


どれも、質の高い味わい深いワインです。
ぜひ、お試しくださいませ!


次回はリベンジ企画!
『オランダ産極太ホワイトアスパラガスと世界10カ国のシャルドネを飲みつくす会』
の予定です!

どうぞお楽しみに〜〜〜


世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ