2018年06月08日

【スペイン料理】アンダルシア風オレンジとタラのサラダ Remojón

いよいよ梅雨入り。
じめっとした空気がいや〜〜な季節ですが、そんな気分を吹き飛ばす爽やかなお料理を作ってみました。

カラッとした地中海の空気と爽やかなオレンジとオリーブで有名なアンダルシア地方。
ワインだとシェリーが有名ですね。

よ〜く冷やしたドライタイプは食前酒に、甘み豊かなものは食後酒にぴったりです♪
是非、お試しを。

オレンジを豊富に使ったアンダルシア地方の郷土料理『Remojón』!

スペインはもちろん、ポルトガルでもお料理に良く用いられる
バカラオという干したらを使うとな。
ただ、日本ではなかなか手に入りません。

このバカラオ、日本の干し魚とは違い、かなり塩気が強い。
なので、水でいったん戻して使います。

さぁ、メインの一つが手に入らないのは困った!
ただ、日本には生ダラという強い味方が!!
冬場が美味しいですが、今の季節でもスーパーでも見かけますので、これを使いましょう♪

オレンジはよく熟した甘いもので!

タラの塩気とオレンジの甘みと酸味、オリーブの旨みがなんともたまらない逸品です!

<<【スペイン料理】アンダルシア風オレンジとタラのサラダ Remojón>>
DSC04482.JPG

<材料>
オレンジ 2個
生タラ 2切れ
種抜きブラックオリーブ 4〜5粒
固ゆで卵 1個
玉ねぎ 1/4個

ドレッシング
 ・白ワインビネガー 大さじ1〜1.5
 ・塩・コショウ 適量
 ・EXバージン・オリーブオイル 大さじ2〜3
 ・オレンジをカットした時に残った皮を絞った果汁

<作り方>
1、タラに塩をしっかり振り、キッチンペーパーに包み一晩冷蔵庫で寝かせる。
2、オレンジは皮をむき、果実を取り出す。薄皮の部分は絞って果汁を取っておく。
タラは軽く洗い水気を拭いて、魚焼きグリルで焼き、皮を取り除き一口大に身をほぐす。
玉ねぎは薄切りにし、軽く水にさらす。
ゆで卵は4等分にくし切りにし、さらに半分に切る。
オリーブは輪切りにする。
3、ドレッシングの材料を合わせ、しっかり混ぜ合わせる。
4、2の材料をドレッシングと合わせたら、冷蔵庫で冷やして召し上がれ!

★お好みでパプリカパウダーをかけてもキレイ!
★新玉ねぎを使う場合には水にさらす必要はありません。


ここはやっぱり、アンダルシア地方のワインで!
オルドネス ボタニ
https://www.budouya.jp/products/detail.php?product_id=2560
spa0130.jpg

オレンジの香りが心地の良い、さわやかな一本です。


posted by maymei at 12:01| 神奈川 ☀| Comment(0) | 世界の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。