2017年03月27日

【モロッコ料理】牛肉とプルーンの煮込み

地中海に面したモロッコは白い壁と青い海のコントラストが美しい町並みで知られています。

ヨーロッパからのリゾート客も多く、乾燥した温暖な気候を利用して
ワイン作りも行われています。

古くはフェニキア人が盛んにワインづくりをしていたことでも知られています。

お料理は一時日本でも流行ったタジンを使い、無加水で作る煮込み料理が有名です。
この煮込みはクスクスと一緒に食されることが多いようです。

クミンやコリアンダーなどスパイシーな味わいと、デーツやプルーン、ナッツをお料理にも用いることも
多いようです。

ジューシーな味わいのモロッコワインにぴったりの、牛肉の煮込みをご紹介いたします。

私は保温調理器を使用しましたが、タジンはもちろん、圧力鍋を使用すると
手早くや若く煮込めるかと思います。

<<【モロッコ料理】牛肉とプルーンの煮込み>>
DSC04458.JPG

<材料>
牛肉のかたまり肉 500g
玉ねぎ 中1個
コリアンダー(香菜) 2本

A:ニンニク 1かけ
 ショウガ すりおろしで小さじ1
 サフラン 一つまみ
 ターメリック 小さじ1/4
 シナモンパウダー 小さじ1/4(あれば、スティック状のもの2〜3p 1本)
 オリーブオイル 小さじ1〜2
 塩・胡椒

ドライプルーン 150g
ハチミツ 大さじ1
シナモンパウダー 少々
塩・胡椒 適量

<作り方>
1、牛肉は大き目(6p角程度)に切る。玉ねぎは各1/2をみじん切りと輪切りにする。
にんにくはすりおろす。コリアンダーはざく切りにする。
2、ボウルに牛肉とAの材料、玉ねぎのみじん切りを入れ、混ぜ合わせる。
鍋に玉ねぎの輪切りを敷き、水200tと混ぜ合わせた牛肉を入れ強火にかける。
煮立ったら、あくを取り、コリアンダーを加えふたをして中火で15分ほど煮る。
その後、保温調理器に入れ、柔らかくなるまで煮込む。
3、牛肉が煮崩れるほど柔らかくなったら、煮汁と肉を分けます。
煮汁を覚まし、余計な脂分を取り除きます。
4、3の煮汁にプルーン、はちみつ、シナモンパウダーを加え強火にかけます。
煮立ったら、弱火にして10分、牛肉を戻し牛肉が温まったら、塩・コショウで味をととのえてて出来上がり。
コリアンダーと盛り付けて出来上がり。

※煮込む時間は圧力鍋で30〜40分、タジン鍋で2時間半程度
圧力なべ使用時は水は100t程度、タジン鍋使用時は水がなくなったら少しづつ足してください。
※牛バラ肉を使用するとかなり脂分が出ますので取り除いたほうがヘルシーです。
※煮込む前の塩、コショウはしっかり目がgoodです。

ワインはモロッコのフルボディで・・・
メダリオン カベルネ レッド
http://www.budouya.jp/products/detail.php?product_id=1841
10011823_57ef808c14f21.jpg


posted by maymei at 13:25| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック