2015年09月13日

【オーストリア料理】Rostbraten オーストリア風ローストビーフ

ローストビーフというより、煮込み的なイメージです。
ソースたっぷりな割には意外に軽めの味わい。
煮込みに使ったものはカレーなどにアレンジしても、美味しいです。

【オーストリア料理】Rostbraten オーストリア風ローストビーフ
DSC03875-2.jpg

<材料> 2人分
・煮込み用
牛モモ肉 500~600g
ベーコン(塊) 40g
牛スジ 200~350g
ニンジン 1本
パセリ 2枝分程度
玉ねぎ 中1個
ニンニク 1かけ
トマト水煮缶 1缶
白ワイン 250t
★片栗粉 大さじ2
★小麦粉 大さじ2
★ヨーグルト 200g
サラダ油 適量
ローリエ 2枚

・仕上げ用
生クリーム 100t
レモン汁 1/4個分
バター 10g 
小麦粉 適量

<作り方>
1、ニンジン、玉ねぎは薄切り。パセリは葉と茎を分け、葉は仕上げ用のみじん切りにする。
ベーコンは大きめに切り分ける。牛すじは2~3回湯でこぼし、アクを取り、丁寧に水洗いする。
牛モモ肉は塩、コショウをしっかりすり込む。
2、フライパンを熱し、サラダ油を引く。強火で肉の全面に焼き目をつける。
肉は大きめの鍋に移し、同じフライパンにサラダ油を足し、1のにんじん、玉ねぎ、牛すじ、ベーコン、
ニンニクを色づくまで炒め、鍋に移す。さらに、フライパンに白ワインを入れ火にかけ、
フライパンに残っている焦げや旨味をこそぎ落とし、鍋に移す。
3、鍋にトマトの水煮缶、ローリエ、セロリの茎を入れ、具材がひたひたになるように水を加える。
沸騰したら、弱火にしアクをしっかり取りながら1時間程度煮込む。水分が経ったら、水を足す。
4、★のついた材料を適量の水でのばし、3の鍋に加える。
焦がさないようにかき混ぜながら2~3時間煮込む。
5、肉が柔らかくなったら、ソースを作る。煮込んだ汁の部分を適量フライパンに入れる。
な中火にかけ沸騰したら、生クリーム、レモン汁、小麦粉をまぶしたバターを加え、
とろりとしたら塩、コショウで味を調え、切り分けた肉にかけ、パセリのみじん切りを散らす。

このお料理にはやっぱりオーストリアのワインでしょう!
ブラウフレンキッシュ アイゼンベルク ベラヨシュカ
http://www.budouya.jp/products/detail.php?product_id=1862
ブラウ.jpg
posted by maymei at 08:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | すこし気合の肉料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425980603
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック