2015年09月05日

【フランス料理】カリフラワーとゆで卵のグラタン

真っ白いお姿がたまらないグラタンです。
すべてを混ぜ合わせて、トーストの上にのせても美味しいですよ

<<【フランス料理】カリフラワーとゆで卵のグラタン>>
DSC03865.JPG
ダマになりがちなホワイトソースも玉ねぎと一緒に作ると意外に簡単です♪

<材料> 2人分
カリフラワー 1/2株
ゆで卵(固ゆで)2個

・ホワイトソース
玉ねぎ 1/2個
小麦粉 大さじ2
バター 20g
牛乳 1カップ程度
塩・コショウ 適量
ナツメグ(粉末) 少々

とろけるチーズ(あれば、グリュイエールチーズ) 適量

<作り方>
1、カリフラワーは小房に分け、塩ゆで。ゆで卵は半分に切る。
玉ねぎは薄くスライスする。
2、ホワイトソースを作る。
鍋にバターを入れ弱火にかけ1の玉ねぎと塩少々を入れ、しんなりするまで炒める。
薄力粉をまんべんなく振り入れ、玉ねぎに絡めながらしっかり炒める。
3、フツフツと泡が出てきて、粉っぽさがなくなったら、いったん火を止め牛乳の半量を加え
しっかり混ぜる。全体に混ざったら、残りの牛乳を加え滑らかに混ぜ合わせる。
4、再度、弱火にかけ塩・コショウ、ナツメグで味を調える。
※ここでとろりとした感じに仕上がらなければ、牛乳を少し加えて調節する。
5、ボウルにカリフラワー、卵を入れ軽く塩・胡椒し、4のホワイトソースと和える。
6、耐熱皿にバター(またはサラダ油)を薄く塗り、5の具材を入れ、上にチーズをかけ
トースターなどで焼き目が付くまで焼いたら、出来上がり。

※グリュイエールチーズを使用すると、コクが出てより美味しく仕上がります。
※小麦粉の炒め方が足らないと、粉っぽい味になりますので注意!

このお料理は少し樽の効いたシャルドネがお似合いです。
セリエ・デ・ウルスリーヌ ムルソー
07111103_55a0795542c4e.jpg
posted by maymei at 14:56| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック