2013年06月07日

【イタリア料理】サバのグリル ソース・ジェノベーゼ

急にサバが食べたくなりました。

1匹買ったので、片平は煮つけに、片平は洋風にすることにします。

サバの煮つけといっても、みそではありません。
福岡でサバの煮つけと言うと、しょうゆが定番です。
上京したての時に、どこを探しても醤油味の煮つけがなくて驚いたことを憶えています。

さてさて、本題。

青魚はどうしても生臭くなりますので、下処理が大事です。
塩をして、出てきた水分は確実に流しましょう。

バジルがあったので、ジェノベーゼにしたいのですが松の実がない・・・
ってことで、今日はクルミを使いました。
松の実がある方は、ぜひ松の実をお使いください。

<<サバのグリル ソース・ジェノベーゼ>>
フレッシュなバジルの香りをお楽しみください。
DSC02730.JPG

<材料> 2人分
マサバの切り身  2枚
塩 こしょう 強力粉 サラダ油(またはオリーブオイル)

●ソースジェノベーゼ
バジルの葉    15〜20枚
パルミジャーノ  大さじ2
クルミ(松の実) 20gくらい(小さく潰しておく)
EXオリーブオイル 30〜40t

付け合わせの野菜 適量

<作り方>
1、サバの両面に塩を振り、15分位置く。出てきた水分をしっかりふき取る。
●をミキサーで混ぜ合わせる。
2、サバに塩・コショウを振り、両面に強力粉をまぶす。中火でフライパンを温め、サラダ油(適量)を入れる。サバの両面に焼き目を付け、カリッと焼き上げる。
3、皿に盛り付け、1のジェノベーゼソースをかけて出来上がり。

ひらめき残ったソースはパスタに和えてもおいしいですよ♪

白ワインで、少しコクのあるものがいいですね〜〜
チウ チウ レ・メルレッタイエ
http://www.budouya.jp/products/detail.php?product_id=1505
11181441_50a8751155201.jpg
名前もかわいいし、ラベルも素敵ですよ〜
posted by maymei at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365665280
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック