2013年05月29日

【スペイン料理】仔羊のチリンドロンソース

いよいよ梅雨入り間近な日本列島ですが、体調など崩されていませんか?

我が家は姫様の入学以来、私の咳と痰、姫様の咳、坊ちゃまの鼻水と乳児湿疹に悩まされ
はや2か月・・・
やっと、落ち着いてまいりました。

しかも、PCを新しくしたはいいのですが、使い方がイマイチわからず・・・
Windows8って、使いやすいの???
前のほうがよかったよ。

また、新しい悩みが生まれそうな予感です 笑

さてさて、これからの暑い季節、肉をがっつり、でもサッパリ食べたい!
そんなあなたにぴったりの一品です。

<<仔羊のチリンドロンソース>>
DSC02531.JPG
スペイン・アラゴン地方の郷土料理です。野菜たっぷりのソースです。

<材料> 4人分
ラムラック  8本ぐらい骨がついているもの
塩 黒コショウ オリーブオイル

●チリンドロンソース
ニンニク 1かけ
玉ねぎ 1個
パプリカ(赤) 1個
トマトの水煮缶 1缶
オリーブオイル 大さじ2〜3
赤唐辛子 1本
ローリエ 1枚
黒オリーブ 10個程度
塩 黒コショウ

<作り方>
1、パプリカは魚焼きグリル、直火で真っ黒に焼いて氷水にとり、薄皮をむく。
パプリカは1p角に、玉ねぎ、にんにくはみじん切りにする。
ラムは塩、コショウをしておく。オーブンを170℃に予熱しておく。
2、フライパンにオリーブオイル、ニンニク、たまねぎを入れ、弱火で香りを立たせる。
パプリカを加えて、軽く炒める。
3、玉ねぎに色がついてきたら、トマトの水煮(潰しながら)、黒オリーブ、赤唐辛子、ローリエを
入れて、弱火でとろっとなるまでじっくり煮込む。塩、黒コショウで味をととのえる。
4、フライパンを強火で温め、ラムの表面を焼き固める。
5、耐熱皿にラムをのせ、その上にソースをかけて、オーブンで20〜30分くらい焼く。
ラムを切り分け、ソースをかけて盛り付け、できあがり。

ひらめきラムの代わりに鶏肉も良く使われるそうです。
ひらめき付け合わせにマッシュポテトなどを添えても・・・

実は、パエリアと同じくらいスペインでは親しまれているチリンドロンソース!
鶏もも肉や豚ロース肉などで気軽に楽しみたいですね。

一緒に飲みたいワインはこれグッド(上向き矢印)
エレダー・ウガルテ クリアンサ
http://www.budouya.jp/products/detail.php?product_id=1254
03041626_4f53191f7ce32.jpg
スパイシーな香りと凝縮した果実感がよく合います!
ぜひお試しを〜〜〜
posted by maymei at 10:10| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/364296932
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック