2011年01月29日

マグレ・ド・カナール イチジクソース

永田町 BITTEのオーナー・日見シェフに、「お勉強のため」とマグレをいただきました。

マグレ・ド・カナールとは鴨やアヒルの胸肉のことを言います。
今回いただいたのは、あひるさん。

昔、お仕事でパリに行く時には良くビストロでいただいていました。
独特の香りと脂がたまらない味わいです。
南西地方のカオールやローヌとあわせるのが、私の好みです。

今回はドライイチジクでソースを作ってみたいと思います。
あと、マグレを焼く時には、焼きすぎには注意です。
両面をしっかり焼いたら、火からおろして余熱で中まで火を通して行きましょう!!

お肉は通販でも手に入りますので、是非、お試しください。

<<マグレ・ド・カナール イチジクソース>>
DSCN4381.JPG

<材料>
マグレ・ド・カナール 1枚
塩 こしょう

満月イチヂクソース
ドライイチジク大 3枚   ドライクランベリー 大さじ1
赤ワイン 100cc  はちみつ 大さじ1程度  無塩バター 5g  小麦粉 少々

※アルミホイル
※付け合せ マッシュポテトなど

<作り方>
1マグレに塩をしっかり振り、15分ほど置く。ドライイチジクは一口大に切り、クランベリーと共に赤ワインに漬け込んでおく。
2フライパンを中火で温め、皮目から焼き目をつける。皮目にしっかり焼き目が付いたら、引っくり返し、こしょうを振る。身の方にも焼き目が軽く付いたら、火からおろしアルミホイルに包み、肉汁を落ち着かせる。
3フライパンの余計な脂をふき取り、中火にかけ、1の赤ワインとイチヂク、クランベリーを入れ、フライパンに付いたこげをこそぎながら煮詰めていく。赤ワインが2/3程度に煮詰まったら、はちみつ、塩・こしょうで味をととのえる。小麦粉をまぶしたバターを加え、とろみをつける。
42の肉を斜めに削ぎ切りし、付け合せのマッシュポテトと共に盛り付け、ソースをかけて出来上がり。

ちょっと贅沢な感じの仕上がりです。
お誕生日やおもてなしにどうぞ〜〜〜


世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
posted by maymei at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | すこし気合の肉料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック