2009年12月07日

辛口の白ワインと召し上がれ<<濃厚!うにのクリームソースパスタ>>

突然ですが、私の祖母は長崎県の五島列島のてっぺんの『宇久島』に住んでいます。
http://www6.ocn.ne.jp/~goto-web/sima4-uku.htm

おかげで、私は小さい頃から夏になると島へ行き、朝から晩まで海へ行き、島の友達と共にもぐったり、貝を採ったり・・・
釣りといえば、海にもぐって上で釣り糸を垂れている友人のところに、魚を追っていくといった具合。
まさに、野生児でした。

当時の海には、うに、あわび、サザエ、たこ、その他もろもろ・・・
取り放題!(本当は、ダメだったらしいけどたらーっ(汗)まぁ、子供のしたことってことで・・・時効ですなあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

うにが高価な食べ物だなんてこと、大人になるまで知らなかったんです。
贅沢でしょう〜〜

今でも、島に住んでいるおばが季節になると、うにを送ってくれます。
生というわけにはいきませんが、塩漬けになっているので、長持ちするし、味が濃くなっている気がして、とてもおいしくいただいてます。

そのうにを使って、パスタを作ります。
アルコール漬けはおすすめしません。
生か塩漬けをお使いください。

私は塩漬けを使っているので、途中、塩はほとんど入れません。生をお使いの方は、最後に調整してください。

<<濃厚!うにのクリームソースパスタ>>
DSCN1452.JPG

<材料> 2人分
うに 塩漬け 1瓶 (生 100g)
生クリーム 200cc  白ワイン 50cc
無塩バター 5g  トマトジュース 大さじ2〜3
にんにくのみじん切り 小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ2
スパゲッティーニ 160g
塩 こしょう

<作り方>
1たっぷりのお湯を沸かし塩を入れる。(1ℓに対して10g)パスタを茹で始める。
2フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火にかける。香りが立ったらトマトジュースを加え混ぜる。白ワインを加え、フライパンをゆすりながら水分を飛ばすように煮詰める。
32に生クリームを加え、2/3量になるまで煮詰める。
4うにを加え、さっと混ぜたら、茹で上がったパスタ、バターを加え、塩・こしょうで味をととのえる。

ひらめきうにを加えたら、なるべく火は早めに消すこと!うにの風味が飛んでしまいます。
ひらめきソースを煮詰めすぎてしまったら、パスタの茹で汁で調整してください。その際、最後の塩は控えめに!!


おもてなしにも喜ばれますよ〜〜〜


世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

posted by maymei at 23:02| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | パスタをどうぞ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134983638
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック