2017年03月31日

【ペルー料理】ロモ・サルタード

じゃがいもやトマトの原産地であるアンデス山脈を要するペルーは
色々な国との要所を従えていたこともあり、古くから様々なテイストの料理が
親しまれてきました。

今日ご紹介する、ロモ・サルタードには醤油を使いますが
これは19世紀頃に移民としてやってきた中国人によってもたらされたそうです。

醤油と現地の料理の掛け合わせがこの、ロモ・サルタード。
ご飯と一緒に食され、現地の食堂でも良く出される人気メニューです。

<<【ペルー料理】ロモ・サルタード>>
unspecified.jpg

<材料>
牛肉(ステーキ用) 500g
じゃがいも 中2個
トマト 大1個
玉ねぎ 中1/2個
ニンジン 1/2本
パプリカ1/4個
クミンパウダー 2〜3ふり
にんにく 1かけ
香菜 適量
醤油 大さじ1
酢 大さじ1
塩・胡椒 適量

<作り方>
1、牛肉は拍子切りにし、クミンパウダー、塩・胡椒で下味をつける。
ジャガイモは拍子切り、パプリカは食べやすい大きさに、にんじんは薄切りにし半分に切る。
玉ねぎはくし切りに、にんにくはみじん切り。
2、ジャガイモは素揚げに、ニンジンとパプリカはさっと油を通す。
3、フライパンを強火で温め、サラダ油を入れる、牛肉の両面に焼き目をつけて取り出す。
同じフライパンにサラダ油とニンニクを加える。香りが立ったら、玉ねぎと2の野菜を加え
さっと炒める。牛肉とトマトを入れ、しょうゆ、酒を加える。塩・胡椒で味をととのえる。
皿に香菜と盛り付けて出来上がり。

※赤ワインで牛肉を1〜2日マリネしておくと、柔らかく仕上がります。

ワインはやっぱりペルーのもので!
力強い味わいが魅力です。

タカマ ドン・マニュエル
http://www.budouya.jp/products/detail.php?product_id=2109
01220812_54c0325c71ccc.jpg
posted by maymei at 16:51| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする