2017年03月18日

【フランス料理】キノコと鶏むね肉のマスタード焼き

年中、安定した価格で食べられるようになったキノコ。
低カロリーでとてもヘルシー。
オーブンで焼いて、タップリ頂きたいですね。

<<【フランス料理】キノコと鶏むね肉のマスタード焼き>>
チキン.jpg

<材料>
きのこ類 300g程度
しめじ、シイタケ、マッシュルーム、マイタケなど
鶏むね肉 1枚
長ネギ 1/2本
塩、胡椒
オリーブオイル 大さじ1

・マスタードソース
粒マスタード 大さじ2
オリーブオイル 大さじ2
白ワイン 大さじ1

<作り方>
1、鶏むね肉を観音開きにし、厚みをととのえ半分に切る。
塩、胡椒をしビニール袋に入れオリーブオイルを入れ、
しっかり揉み込む。冷蔵庫で2〜3時間寝かしておく。

2、キノコ類は石突を取り、食べやすい大きさにきる。
ねぎは2p程度にぶつ切りする。

3、オーブンを200度に予熱する。
マスタードソースを混ぜ合わせ、1のビニール袋に
キノコ、ソースを加え、鶏肉にからめる。

4、耐熱皿にねぎを並べ、軽く塩・胡椒する。
3の鶏肉、キノコの順でのせる。キノコに軽く塩・胡椒をする。
アルミホイルでふたをし、蒸気を逃がさないようにする。
200度で30〜40分焼いて出来上がり。

サンタ・バーバラ ワイナリー シャルドネ
カリフォルニアのふくよかシャルドネをご一緒にどうぞ〜
02050945_56b3f08eebb41.jpg
ふくよかな味わいがキノコの豊潤な香りを包み込みます。
posted by maymei at 09:25| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【フランス料理】イチゴとホタテの春マリネ

春!
我が家の子供たちは、イチゴが大好き。

特に、小ぶりの一口サイズが大好き。
1パックを二人で毎日ペロリ。

ママやパパにはまわってこないので、先回りして
お料理に活用してみました 笑

色合いも美しくて、おもてなしにもいいですね。

<<【フランス料理】イチゴとホタテの春マリネ>>
イチゴトホタテ.jpg

<材料>
イチゴ 4〜5個
ホタテの貝柱(刺身用) 3〜4個
カリフラワー 3〜4房
オリーブオイル 大さじ1/2

・マリネ液
レモン汁 小さじ3
フレンチマスタード 小さじ1/2
EXバージンオイル 大さじ2
白ワインビネガー 大さじ1
塩・胡椒 適量

・飾り用
ピンクペッパー
ディル、チャービルなどのハーブ 

<作り方>
1、下ごしらえをする。
イチゴ、カリフラワーは5o程度の厚さにスライスする。

2、マリネ液をつける。ボウルにオイル以外の材料を入れ、
よく混ぜる。塩はややしっかり目の方がいい。
塩が溶けたら、オイルを少しづつ加えさらに混ぜる。

3、ホタテを焼く。両面に軽く塩・胡椒する。フライパンを中火で温め
オイルを入れ、中が半生になるように、片面15〜20秒程度でこんがりと焼く。
取り出したら、熱いうちに2のマリネ液に入れる。

4、皿に1のイチゴとカリフラワーを盛り付ける。
3のホタテを取り出し、3等分ほどに薄く切り分けて並べ
マリネ液を全体に回しかける。冷蔵庫で10分ほど置き、
なじんだら、ハーブとピンクペッパーを軽く潰しながら散らして出来上がり。

※生のカリフラワーとイチゴの甘味、ホタテの歯ごたえが楽しい♪
三味一体でお口にどうぞ〜

アデガ・デ・モンサオン エスコーリャ ヴィーニョ・ベルデ
アデガド.jpg
ポルトガルのビーニョ・ベルデをご一緒にどうぞ〜
微発泡が爽やかです。
posted by maymei at 08:06| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする