2013年06月13日

【フランス料理】きのこのエスカルゴバター炒め

フランス・ブルゴーニュ地方の郷土料理の一つ、エスカルゴ。
ニンニクの効いたバターの香ばしい香りがたまらないエスカルゴバターを
たっぷりかけて焼きます。

ご存知の方も多いかと思いますが、フランス語でかたつむりのことです。
え〜〜〜かたつむり???
と思われるかと思いますが、食用として養殖されている穀物を餌としていますのでご安心を。

殻から出して、内臓?わた?の部分を取り除き、たこ焼き器さながらの耐熱容器に入れ、
たっぷりのエスカルゴバターをかけて、オーブンで焼いていただきます。

フランスパンを浸してたべると、これがたまらなく美味黒ハート
きりっとした白ワイン、軽めの赤にもいい感じです。

パリに行ってた頃は、近くのスーパーで真空パックになったエスカルゴを買ってきては
自宅でいただいてました。
エシレバターとエスカルゴ、チーズ山盛り・・・これが、スーパーでの買い物のメインでした。

なつかしいなぁ・・・

エスカルゴはなかなか手に入らないので、ツブガイやホタテなどで代用してもいいですね。
今回は、キノコをささっと炒めました。
なかなか、コクがあっていいかんじでしたよ〜〜

<<きのこのエスカルゴバター炒め>>
パセリとにんにくたっぷりのバターで香ばしく。
DSC02735.JPG

<材料>
●エスカルゴバター
バター         50g(室温に戻して柔らかくしておく)
にんにくのみじん切り  1かけ(細かいみじん切りに)
パセリ         大さじ1
コショウ

きのこ
・まいたけ   1/2株
・しめじ    1/2株
・しいたけ   2枚
いんげん    3本
白ワイン    大さじ1
塩 コショウ オリーブオイル

<作り方>
1、●を混ぜ合わせる。きのこは食べやすい大きさに分け、しいたけは薄切りにする。
いんげんはさっと塩ゆでする。
2、エスカルゴバター大さじ1をフライパンに入れ、中火で温める。にんにくの香りが立ってきたら、
1のきのこを加え、さっと炒める。油が回ったら、白ワインを加え蓋をし蒸らす。
3、きのこがしんなりしたら、いんげんを加え、塩、コショウで味をととのえて出来上がり。

ひらめき残ったバターはバゲットにのせて焼いてガーリックトーストに、ステーキに、パスタに・・・と、さまざまにお使いください。

これには少し樽がきいた白ワインがいいかなぁ〜〜
デ・ムリェール シャルドネ
http://www.budouya.jp/products/detail.php?product_id=1530
03141330_5141527dcf9c1.jpg
スペインの有名作り手によるシャルドネです。
6か国の個性の異なる樽を使った複雑感のある味わいをお楽しみください。
posted by maymei at 12:25| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

【フランス料理】ハニーマスタードチキン

鶏もも肉がありました。

照り焼き?大人しくハーブでグリル??
う〜〜〜ん。
ちょっと、変わった感じの鶏料理が食べたい!!

そんな時に大活躍の一品です。
ワインにもよく合いますよ〜〜

<<ハニーマスタードチキン>>
はちみつの甘みがクセになります。
DSC02753.JPG

<材料>
鶏もも肉   1枚
はちみつ   大さじ1
粒マスタード 小さじ1
塩 黒コショウ 薄力粉 サラダ油

<作り方>
1、はちみつ、粒マスタードを合わせておく。鶏もも肉は余計な脂肪を取り除き、食べやすい大きさに切り分ける。しっかりめに塩、コショウをして揉みこむ。
2、焼く寸前に薄力粉をまぶす。フライパンにサラダ油を入れ、強めの中火で温め、鶏肉を皮目から焼く。
3、しっかりと両面に焼き目をつける。火を止め、フライパンが温かいうちに1で合わせたはちみつを入れ、からめる。
4、皿に盛って、上から黒粒コショウを振って出来上がり。

ひらめきソースをたっぷり絡めて召し上がれ〜♪
ひらめき焼いている間は鶏肉にはあまり触らず、こんがりと焼き目をつけましょう。

甘口の白ワインがいいかなぁ・・・
よぉく冷やしてくださいねぴかぴか(新しい)

トリッテンハイマー アポテーケ リースリング カピネット
私の大好きなワインです。夏場に冷やして昼下がりに飲むとサイコーですよ(^^)v
http://www.budouya.jp/products/detail.php?product_id=1151
09030829_4e6166c77245b.jpg
posted by maymei at 00:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

【沖縄料理】にんじんシリシリ

まだ、姫様が小さい頃、叔父叔母といった沖縄旅行で発見したお料理。
にんじんシリシリ〜〜〜

お仕事で沖縄に行ってた時には気が付かなかったんですよね。
超簡単なのに、おいしい・・・ ついつい、ハシが進んじゃう。

で、なんでシリシリ??

これは沖縄の方言で、千切り器の様なスライサーで細切りにする事を沖縄の方言でシリシリ〜と言うらしいです。
スライサーの上をギコギコする時の音らしいですが。
初めて聞いたときは???がいっぱいでしたね。

<<にんじんシリシリ>>
沖縄のソウルフード!にんじんを山盛り食べれま〜〜す。
DSC02724.JPG

<材料>
にんじん  1本
ツナ缶   1缶
塩 コショウ サラダ油 醤油

<作り方>
1、にんじんをスライサーなどで細切りにする。
2、フライパンを温め、サラダ油小さじ1程度を入れ、にんじんを炒める。軽く塩を振る。
3、にんじんに油が回ったら、ツナ缶を加えさっと炒め、塩・コショウ、しょうゆ適量で味をととのえて出来上がり。

ひらめきツナ缶の油が気になる方は、油をきって使ってください。旨みが油にも移っているので、最初に入れるサラダ油を少なめにして、使っていただくといいと思いいます。

泡盛で・・と言いたいところですが、ワイン屋ですから(笑)

モンスーン・ホワイト
http://www.budouya.jp/products/detail.php?product_id=295
タイの水上ワイナリーで作られるブドウは果実感たっぷりです。
よく冷やして、お召し上がりください!
04181415_49e96201625e0.jpg

ちなみに、ただいまタイワインのセール中ですよ♪
posted by maymei at 17:08| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

【イタリア料理】ほたるいかのアーリオ・オーリオ

春の風物詩、ホタルイカ。
あの味わい深さが大好きです。

酢味噌でサッパリいただくのが定番ですが、ガーリックとの相性もなかなかです。

是非、お試しください。

<<ほたるいかのアーリオ・オーリオ>>
春を告げるホタルイカをさっぱりと、ガーリックソースでいただきます。
DSC02729.JPG

<材料> 一人分
ほたるいか  10杯くらい
パスタ    80gほど(1.5o〜1.7oがいいでしょう)
にんにくのみじん切り  1かけ分
オリーブオイル  大さじ1
唐辛子    1本(種を抜いておく)
あさつきなど


<作り方>
1、ほたるいかは目玉とくちばしを取り除く。お湯をたっぷり沸かし、塩をひとつかみ程度入れる。(1ℓ以上)
2、にんにくのみじん切り、唐辛子、オリーブオイルをフライパンに入れ、弱火で温める。パスタをゆで始める。
3、にんにくの香りが立って、にんにくが程よく色づいてきたら、ほたるいかを加えさっと炒める。弱火〜中火にし1のゆで汁をお玉1杯分加え、フライパンをゆすりながらとろんとなるまで、乳化させていく。
4、茹で上がったパスタを加え、炒めたら、塩で味をととのえる。お皿に盛り、浅つきを飾って出来上がり。

ひらめきポイントはゆで汁をトロンとさせるところです。フライパンをゆすりながら、木べら等でしっかり混ぜ合わせましょう。

これは断然、白ワインを合わせましょう!
愛すべきイタリアワインで・・・
ヴィニエティ・ザブ グリッロ
http://www.budouya.jp/products/detail.php?product_id=1379
06091515_4fd2ea00e30ca.jpg

posted by maymei at 16:37| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パスタをどうぞ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

【イタリア料理】サバのグリル ソース・ジェノベーゼ

急にサバが食べたくなりました。

1匹買ったので、片平は煮つけに、片平は洋風にすることにします。

サバの煮つけといっても、みそではありません。
福岡でサバの煮つけと言うと、しょうゆが定番です。
上京したての時に、どこを探しても醤油味の煮つけがなくて驚いたことを憶えています。

さてさて、本題。

青魚はどうしても生臭くなりますので、下処理が大事です。
塩をして、出てきた水分は確実に流しましょう。

バジルがあったので、ジェノベーゼにしたいのですが松の実がない・・・
ってことで、今日はクルミを使いました。
松の実がある方は、ぜひ松の実をお使いください。

<<サバのグリル ソース・ジェノベーゼ>>
フレッシュなバジルの香りをお楽しみください。
DSC02730.JPG

<材料> 2人分
マサバの切り身  2枚
塩 こしょう 強力粉 サラダ油(またはオリーブオイル)

●ソースジェノベーゼ
バジルの葉    15〜20枚
パルミジャーノ  大さじ2
クルミ(松の実) 20gくらい(小さく潰しておく)
EXオリーブオイル 30〜40t

付け合わせの野菜 適量

<作り方>
1、サバの両面に塩を振り、15分位置く。出てきた水分をしっかりふき取る。
●をミキサーで混ぜ合わせる。
2、サバに塩・コショウを振り、両面に強力粉をまぶす。中火でフライパンを温め、サラダ油(適量)を入れる。サバの両面に焼き目を付け、カリッと焼き上げる。
3、皿に盛り付け、1のジェノベーゼソースをかけて出来上がり。

ひらめき残ったソースはパスタに和えてもおいしいですよ♪

白ワインで、少しコクのあるものがいいですね〜〜
チウ チウ レ・メルレッタイエ
http://www.budouya.jp/products/detail.php?product_id=1505
11181441_50a8751155201.jpg
名前もかわいいし、ラベルも素敵ですよ〜
posted by maymei at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

【トマト大好きレシピ】プロバンス風焼きトマト

暑くなってきましたね〜〜

夏野菜のトマトもおいしい季節になりました。
この前、買ったくまもんのトマトもなかなかでした。

私的には、味がギュッと詰まったミニトマトが好きなのですが、
夏になると大きなサイズのトマトもいい感じですね。

でも、生だと大量には食べられない。
ってことで、焼いてみよ〜〜〜

焼いたり、火を通すことで甘みも出てきます!
ステーキなどの付け合わせにも重宝します。
簡単ですので、ぜひお試しください!

<<プロバンス風焼きトマト>>
簡単なのに、味わい深い・・・トマト好きに是非!
DSC02690.JPG

<材料> 一人分
ミディトマト 2個
アンチョビペースト パセリのみじん切り 塩 コショウ
オリーブオイル にんにくのみじん切り
あればプロヴァンサルハーブ

<作り方>
1、アンチョビペースト、にんにくのみじん切り少々、パセリのみじん切り(1房分くらい)、塩、コショウ適量、プロヴァンサルハーブ一つまみ、EXオリーブオイル小さじ1くらいを混ぜ合わせる。
2、トマトを2つに切り、1をのせる。下になる部分を少し切ると、すわりが良くなります。
3、耐熱皿に2のトマトをのせ、トースター、またはオーブンで焦げ目が軽く付くまで焼く。

ひらめきパン粉を混ぜて焼いてもよし!
ひらめき汁気が出るのがいや…という方は、中の種の部分をくり抜いてください。私は、ジュワ〜と出たお汁にバゲットを浸して食べるのが好きです。

きりっと冷えた白ワインと合わせたいですね。
う・・・いやいや、酸味のある赤ワインを軽く冷やして・・・も捨てがたいですなぁ
ということで、間をとってロゼで・・・
ドメーヌ ド・サン・セール コート・ド・プロウ゛ァンス ロゼ・プレスティージュ
http://www.budouya.jp/products/detail.php?product_id=1512
09281234_50651ab78281d.jpg
ほんのりハーブ感もあって、よく合いますよ〜〜〜
よく冷やして、お召し上がりください
posted by maymei at 10:51| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

【冷たい前菜】鶏ハム クルミとレーズンを巻いて・・

たまにではありますが、葡萄屋ではお勉強会を兼ねて
スタッフのワイン会を催しています。

バゲットだけじゃぁねぇということで、いくつかおつまみを作ります。

中には生ハムやチーズを入れて巻いてもおいしいです。

作った次の日のほうが、味がなじんでおいしくなります。

では、いってみよぉ〜〜〜

<<【冷たい前菜】鶏ハム クルミとレーズンを巻いて・・>>
DSC02717.JPG

<材料>
鶏むね肉 1枚
くるみ レーズン 適量
白ワイン 小さじ1
塩 コショウ

●付け合わせ
グレープフルーツなどのかんきつ類 1/4個分(皮をむいておく)
スナップエンドウ 3本(塩ゆでする)

☆EXオリーブオイル 小さじ1
☆バルサミコ酢   小さじ1
☆レモン汁(または、皮をむいた時に出るかんきつ類の汁) 小さじ1
☆塩 コショウ

<作り方>
1、鶏むね肉全体に塩をまぶし、しっかり揉みこむ。できれば、一晩寝かせる。
鶏むね肉は観音開きにし、厚みをととのえる。コショウ、白ワインを振りかける。
2、1の鶏肉の真ん中にクルミ、レーズンを置きくるくる巻く。ラップでしっかり包む。
さらに、アルミホイルで巻き、両端をキャンディーとめておく。
3、鍋に水を張り、2の鶏肉を入れ火にかける。蓋をし、沸騰したら火を止め10分ほど置く。
湯から上げ、粗熱が取れたら冷蔵庫でしっかり冷やす。
4、☆の材料を混ぜ、ドレッシングを作る。皿に切り分けた鶏肉、グレープフルーツ、スナップエンドウを盛り付け、ドレッシングをかけて出来上がり。

クルミの食感とレーズンの甘みが絶妙です。
鶏肉を一晩おけない時は、少し多めに塩をしてくださいね。

キリリと冷えた白ワインで・・・
ドミノ ピノグリージョ カリフォルニア
http://www.budouya.jp/products/detail.php?product_id=1620
04121203_5167798241583.jpg

爽やかなミネラル感とほんのり甘い香りが食欲をそそります。

posted by maymei at 16:19| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする