2011年01月30日

ワシントンの実力派ワイン『Benson vineyards PINOT GRIS 2008』

アメリカのワイン産地・・・
カリフォルニア!!

そですよね〜〜
私も何度も訪れたナパ(←アメリカワイン苦手なくせにね〜〜〜あせあせ(飛び散る汗))やソノマが有名ですよね。
以前、ワインの映画・・・なんだっけ??
あっそうそう、『sideways』 でも、取り上げられましたよね。
ダーリンと見に行ったのに・・。忘れたなんて言ったら、怒られちゃうわダッシュ(走り出すさま)
映画見に行った後、カリフォルニアワイン専門のワインバーにいったなぁ・・・

な〜〜んて、思い出話はさておき、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが
アメリカのワイン産地としては、カリフォルニア以外にも、ニューヨーク州、ワシントン州オレゴン州などが上げられます。
大陸性、内陸性などの気候帯に分けられますが、だいたいは冷涼、雨が少ない、日中と夜の温度差がある、日照時間の豊富さなどワイン産地に必要な条件を兼ね備えています。

品種は多種多様。
国際品種といわれるものから、アメリカ原産品種、フレンチ・ハイブリッド(交配種)まで、様々な品種からワインが作られています。

今回いただいたのは、ワシントン州のワイン。
ワシントン州は北緯46度、ブルゴーニュやボルドーと同緯度にあたります。
夏場の日照時間が長く、沿岸を流れる暖流のおかげで温暖な気候に恵まれています。

『Benson vineyards PINOT GRIS 2008』
DSCN4514.JPG

ベンソン・ヴィンヤーズはワシントン州中央部カスケード山脈の北側、シュラン湖を見渡せる丘の上に位置しています。
この山脈は火山で、その噴火によりミネラル豊かな土壌を形作っています。
また、何千年もかけてできた氷河による美しく、ミネラル豊かな水が豊富にあることもこの地域の特徴と言えます。
また、日中と夜との寒暖差が激しく、引き締まった味わいのブドウが生産されています。

ベンソン・ヴィンヤーズは親子で営む小さなワイナリーで出荷数も3500ケース程度と、小さいながらもこだわりを持って生産にのぞんでいます。

このワイン・・・
ン?にごっています。澱かなぁ・・・
そ〜〜ぉっとついでいきます。

色合いは美しい黄色。
イタリアのピノ・グリと比べると若干濃い色合いかなと思います。

香りは、お〜〜〜なんともリッチです。
カリンのようなやや苦味をも想像させる果実、レモンの皮、グレープフルーツ
そこに、ミネラルやヨーグルトなども感じさせます。
ヴァニラなどのニュアンスもあるような・・
複雑で、爽やかです。

アタックはなんともやわらかい、が、しかし、のどを通り過ぎるときにキュッとしまるような
酸を感じさせます。余韻にヴァニラの香りと果実味が豊かに残ります。
スッキリしているものの、複雑みもあり、なかなかイケます。

えびのグリルや牡蠣のグラタンなどと良く合いそう。
酸味がしっかりしているので、お刺身やおすしにも合いそうです。

こう言ってはなんですが、ややワシントンを馬鹿にしてた私。
どうもすいませんでした(反省)

近いうちに、葡萄屋のHPにもアップされると思いますので、お楽しみに黒ハート

世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2011年01月29日

マグレ・ド・カナール イチジクソース

永田町 BITTEのオーナー・日見シェフに、「お勉強のため」とマグレをいただきました。

マグレ・ド・カナールとは鴨やアヒルの胸肉のことを言います。
今回いただいたのは、あひるさん。

昔、お仕事でパリに行く時には良くビストロでいただいていました。
独特の香りと脂がたまらない味わいです。
南西地方のカオールやローヌとあわせるのが、私の好みです。

今回はドライイチジクでソースを作ってみたいと思います。
あと、マグレを焼く時には、焼きすぎには注意です。
両面をしっかり焼いたら、火からおろして余熱で中まで火を通して行きましょう!!

お肉は通販でも手に入りますので、是非、お試しください。

<<マグレ・ド・カナール イチジクソース>>
DSCN4381.JPG

<材料>
マグレ・ド・カナール 1枚
塩 こしょう

満月イチヂクソース
ドライイチジク大 3枚   ドライクランベリー 大さじ1
赤ワイン 100cc  はちみつ 大さじ1程度  無塩バター 5g  小麦粉 少々

※アルミホイル
※付け合せ マッシュポテトなど

<作り方>
1マグレに塩をしっかり振り、15分ほど置く。ドライイチジクは一口大に切り、クランベリーと共に赤ワインに漬け込んでおく。
2フライパンを中火で温め、皮目から焼き目をつける。皮目にしっかり焼き目が付いたら、引っくり返し、こしょうを振る。身の方にも焼き目が軽く付いたら、火からおろしアルミホイルに包み、肉汁を落ち着かせる。
3フライパンの余計な脂をふき取り、中火にかけ、1の赤ワインとイチヂク、クランベリーを入れ、フライパンに付いたこげをこそぎながら煮詰めていく。赤ワインが2/3程度に煮詰まったら、はちみつ、塩・こしょうで味をととのえる。小麦粉をまぶしたバターを加え、とろみをつける。
42の肉を斜めに削ぎ切りし、付け合せのマッシュポテトと共に盛り付け、ソースをかけて出来上がり。

ちょっと贅沢な感じの仕上がりです。
お誕生日やおもてなしにどうぞ〜〜〜


世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2011年01月28日

2月5日(土)イタリア10州のワインとうさぎ料理のマリアージュの会 ご案内

2011年第二弾は私の大好きなイタリアワイン黒ハート

自称イタリア人の私が責任を持って、チョイスしたイタリアワインをお楽しみください!!

イタリアは土着品種のオンパレードるんるん
様々なお料理に合う、様々な味わいが楽しめるのがイタリアワインの魅力です。

この機会に、イタリアワインの魅力にどっぷりはまってみませんか??わーい(嬉しい顔)

今、人気急上昇中のランブルスコ、
酸味豊かで私の大好きなソアヴェ
サルディーニャのほんのり塩気を感じるヴェルメンティーノ

赤は神の雫でも評価されたモンテプルチアーノ、
バローロよりこっちが好き(私の勝手な意見です)バルバレスコ

食後にはカプリの青い空を感じるリモンチェッロ
などなど、私の独断と偏見が入りまくりのイタリアワインたちが皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

マリアージュを楽しんでいただくお料理は干支に合わせて『うさぎ』さん手(チョキ)
独特の香りのあるお肉ですが、イタリアの赤ワインとは良く合うと思います。

思わず、つばをごっくんと飲んでしまったあなた、
ご予約はお早めに〜〜〜

日 時:2011年2月5日(土)
時 間:15:00〜17:00
場 所:東京・永田町のヨーロピアンダイニング「Bitte」
開催場所の地図はこちら
参加費:お一人様4,300円

内容:葡萄屋が厳選したイタリア10州10種類のワインをフリーティスティング形式でお楽しみいただきます
また日見シェフ特製の兎(うさぎ)料理(モモ肉の煮込み)をお召し上がりいただきます

詳細はこちらから
イタリア10州の厳選ワイン&兎(うさぎ)料理のマリアージュの会 概要

ご参加ご希望の方は
info@budouya.jp
までご連絡お待ちしています。


世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2011年01月27日

四川料理とフルボディの赤ワインとのマリアージュの会 ご報告

ブログを書いていない間に、今年の第一回ワイン会は終わってしまいました。
すいません。

西麻布の『麻布長江』さんで四川料理とフルボディの赤ワインのマリーアージュの会を行いました。
とても素敵なお店で、インテリアや雰囲気も落ち着いていてゆっくり楽しめるお店です。
DSC00113.JPG

オープンキッチンで、思わず作っているところをのぞいてしまいます。
DSC00125.JPG

前菜は盛りだくさん
天使のえび、蜂の巣、など四川のテイスト満載です。
DSC00133.JPG

メインはお肉。
花椒がピリリときいた牛肉の煮込み。うま〜〜〜い
DSC00131.JPG

しめは中華ちまき。オリジナルのラー油が入っていて、もちもち食感がたまりません
DSC00137.JPG

デザートの杏仁豆腐
DSC00141.JPG

盛り付けも美しく、味わいはもちろんサイコー!!
意外な赤ワインとのマリアージュにお出でいただいたお客様もご満足のようでした。
DSC00112.JPG

今回のワインの中で、意外だったのが『ペッパーウッド・グローヴ ジンファンデル』
DSCN3878.JPG
カリフォルニアワインが苦手(ソムリエのクセにねぇ〜〜)、しかもジンファンデルにはあまりいい思い出がない私。土臭くって、なんかねぇ〜と。
でも、この子は上品で嫌な臭みがなく、タンニンもトゲトゲしていず、なんとも飲みやすい。

ただ、あのドッシリ、重たいジンファンデルがお好みの方には物足りないかも・・・です。

あと、
クルビス・ルージュSULA シラーズ。この子達は、スパイシーな四川とぴったり!!

中華とあわせるなら、この2本はお勧めです。

お出でいただいたお客様の人気投票BEST3は下記の通りです。

1位:ヤルデン・メルロー 投票数5名
エレガントな飲み口は、さすがヤルデン!!という感じでした。
DSCN2989-1.jpg

2位:シャトー・ヴァランタン 投票数4名
ボルドーが2番目の人気。やっぱり、フランスはかたいですね
DSCN0069-3.jpg

3位:ブラハム・カベルネソーヴィニヨン 投票数3名
ダーリンイチオシのカベルネです。パワフルなワインがお好きな方に!
DSCN2877-1.jpg


世界のワイン・珍しいワイン 葡萄屋へ
世界のおいしいワインは葡萄屋へ!!

ワインについての詳しくはこちら
ニッチワインブログ

ランキングに参加してます手(グー)よろしくですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

2011年01月26日

随分・・・・

本当に随分、ご無沙汰をしてしまいました。
もう、ブログ書く気なくなっちゃったんじゃない???
そう思われても仕方ないくらい、ご無沙汰でした。

実際、かなりハードな12月〜1月でPCを開いても、注文のページを見るだけで
一日が終わる状態で・・・

と、言い訳をしても仕方がないので、このへんにして・・・

2011年初ブログということで、今年の抱負を一つ。
『早寝、早起き』(笑)

今年は姫様が幼稚園に入園します。
しかし、我が家の起床は非常にゆっくりで、お弁当を作って、幼稚園に送り届けるには
少なくともあと2時間早起きしなくちゃ・・・ってことで。

2月から、少しづつでも早起きモードにして行こうかと思います。

ということで、今年も宜しくお願いいたします。
posted by maymei at 14:14| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする